中学生になる皆さんへ(塾だより3-4月号:中学生)

塾では3月から年度が替わり、それぞれ新しい学年の授業がスタートしていることと思います。その中でも新中1生は、最も大きな変化を経験していると言えるかもしれません。時間割や授業内容が大きく変わり、期待や不安で落ち着かないという人もいるでしょう。もちろん実際に中学校生活が本格的に始まれば変化はこんなものではありません。毎日がこれまでとは全く違うものになる人が多いのではないでしょうか。最初はその変化に戸惑うことも多いと思います。しかしいつまでも戸惑っているわけにもいきません。3年後には高校入試が待っています。3年は長いようで短く、中学生になり今よりずっと忙しくなると、本当にあっという間に過ぎ去ってしまいます。とくに部活動など勉強以外のことに多くの時間を割くようになると、いつの間にか受験直前ということになりかねません。部活動など勉強以外のことに力を入れるなと言いたいわけではありません。それらに力を割くならば、その分、勉強も工夫・努力が必要なのです。せっかくですから両立を目指して頑張ってみましょう。

さて、両立を目指す上で大切なことは、時間を上手に使うことです。勉強するときは、しっかり切り替えて最大限の効果をめざして勉強することが必要です。授業中に集中できていない人はいませんか。授業時間はせっかく勉強できる(しかできない)時間です。活用しないというのはとてももったいないことです。もし授業に集中できていなければ、その分、他の時間を使って取りもどすことになります。そのときには、わかりやすく解説してくれたりアドバイスをくれたりする先生はいないかもしれません。結局は多くの時間を費やすことになってしまいます。また、中学生になると授業の進みも次第に早くなり、理解が不十分な部分があると分からないところがどんどんふくらんでいき、手がつけられなくなってしまうことがあります。そうならないためにも、勉強している内容はその場で身につけようという意識を強く持って授業にのぞみましょう。そう考えると宿題も同様です。勉強したことを身につけるために、宿題を大事にしましょう。ただ答えを写すだけなどやり方が雑になってしまうと、宿題に割いた時間がムダになります。さらに、その時身につかなければいつかはまた時間をとって勉強することになるのですが、その時にはいちから勉強しなおさなければならず、やはり本来より多くの時間がかかることになります。

中学校生活は大変でもありますが、そのぶん充実感や達成感も大きなものになります。うまく時間を使ってしっかり勉強して、悔いのない3年間にしてほしいと思います。

カテゴリーNEWS