成功体験の積み重ね

千葉進研が追及する『塾』 千葉進研は「塾」をこう考えます。
【千葉進研】では
千葉進研には難関高へ合格した生徒がたくさんいます。それらの生徒が合格に至るまでには、数多くのステップが必要であると考えます。それは小さな成功体験の積み重ね。まずは漢検での合格。そして受検級を上げる。中学に入れば定期テストでの上位の成績。そして次の定期テストではさらに上位を目指す。並行して英検の合格。そのような成功体験の積み重ねでやがては高い目標に挑戦する「心」を育ててくれます。その仕組みが塾には必要なのです。

やる気・興味・可能性を引き出す


【千葉進研】では
授業を通じて、教師が生徒のやる気を引き出します。生徒は本来はやる気や好奇心に満ち溢れています。ところが何かのきっかけで潜在化してしまっている場合が多いようです。それを引き出すのが教師と授業です。やる気や興味はプラスの感情です。そのような感情を引き起こすためには発信源が必要です。教師の感情です。「学び」を愛する教師の心を授業で伝え、感情を引き起こし、それを集団感染させるのです。また子供の持つ可能性は本来潜在化しています。それを顕在化させるには、教師の教科に対する深い知識と生徒への洞察力が不可欠であると我々は考えます。それらを兼ね備えた教師の存在が必要です。

集団指導と個別対応の両輪で伸ばします

【千葉進研】では
集団指導と個別対応のそれぞれの長所を両輪とした指導を行っていきます。集団指導では、本人が思う以上の頑張りを引き出すことができます。生徒を引っ張る教師、共に頑張る仲間の存在は大きく、自分の“壁”を超えていく力になるのです。また、授業以外の個別対応では、1対1の人間的ふれあいの中から生徒を理解して特性に合わせた目標や勉強法を設定し、温かく支え、励ましながら生徒と共に歩みます。職員室にはドアはなく、質問や相談に訪れる生徒でいつも賑やかです。また、小テストの実施、宿題のチェックなどを通じて生徒の弱点を早期に発見し、個別に対応します。ご家庭との連携も欠かせません。こうした細かなフォローで成績アップへ導きます。