中1・2 授業内容

■学力別クラス編成
集団指導で最大限に学習効果を上げるためには、学力が接近した生徒の集団が理想的です。
個人指導にはない緊張感でライバルと競い合い、切磋琢磨していきます。クラスの人数は20人程度以下。つまずきを早期発見・即解決がポイントです。
生徒との対話を大切に、「わかる→できる」を徹底した効率的な指導内容です。

■小テスト
毎回授業の最初の5~10分間程度で前回学習内容の確認小テストを実施します。約7割の基準点到達までは、説明・再テストをくりかえして完全な理解をめざします。

■宿題
家庭学習用の課題として、毎回の授業で宿題が出されます。新しいことを習ったあと、1週間以内にそれを復習することが、学力の定着には欠かせません。宿題は「わかる→できる」ための大切なステップです。次回の授業では、やってきた宿題を丁寧にチェックして生徒の学習意欲をアップさせます。

中1・2 イベント

■春期講習
学校での新年度を控えて好スタートを切るために、前学年の復習と新学年の予習をする春期講習。塾のシステムや教師に早く慣れ、質問しやすくする工夫もしています。

■夏期講習
学校の授業のない夏休みを学力向上の飛躍台と考えて、既習事項の定着と9月からの予習を中心とした夏期講習を行います。
各科目の授業で出される宿題の他に、「夏期プリント」という復習の宿題プリントが毎日の課題になります。毎日提出される「夏期プリント」はスタッフが採点し、得点と順位を掲示することで継続的な学習習慣を確立し、競争による刺激で大幅な学力の向上を狙います。

■冬期講習
冬休みを利用して、これまでの内容の定着と学年の総まとめを行います。夏期講習と同様に「冬期プリント」が毎日の課題になります。

■定期テスト対策
試験を通じて学習内容は定着します。定期試験勉強は受験勉強の基礎です。定期試験でしっかり学習した内容は受験勉強をするときの大きな支えになってくれます。
千葉進研では、学年ごとに各中学校別の定期試験対策を行います。各中学校の定期試験前は、土・日なども利用して学習時間を十分に確保したうえ、試験範囲にあわせたポイント対策授業や問題演習を繰り返し行い、生徒の努力が高得点につながるよう徹底的に指導します。

■個別対応
生徒一人ひとりの授業態度、小テスト、定期テスト結果などで発見したつまずきをいち早く「治す」ための、集中した個別対応を徹底しています。

■特訓講座
苦手教科の克服をめざす単科講座です。苦手教科を集中的に受講することで実力と自信を養います。(各教室ごとに、それぞれの教科・時間帯で開設されます。)

■英検対策
英語学習のひとつのステップとして、英語検定の受検を推奨しています。授業も検定に対応していますが、それ以外にも英検を受検する生徒のための対策を行っています。(各教室ごとにそれぞれの内容・実施形態で行われます)

■模擬試験
現在の学力を客観的に把握するために年6回の模擬試験を受験します。つねに一定の方式で成績を処理するため、集団の中での位置や学力の推移が継続的にわかります。また、詳しい成績個表を発行し、自ら弱点を発見し実力養成にもつなげられるようにします。中2の夏からは、志望校別の合格判定も行います。

中3 授業内容

■学力別クラス編成
集団指導で最大限に学習効果を上げるためには、学力が接近した生徒の集団が理想的です。
個人指導にはない緊張感でライバルと競い合い、切磋琢磨していきます。クラスの人数は20人程度以下。つまずきを早期発見・即解決がポイントです。
生徒との対話を大切に、「わかる→できる」を徹底した効率的な指導内容です。

■小テスト
毎回授業の最初の5~10分間程度で前回学習内容の確認小テストを実施します。約7割の基準点到達までは、説明・再テストをくりかえして完全な理解をめざします。

■宿題
家庭学習用の課題として、毎回の授業で宿題が出されます。新しいことを習ったあと、1週間以内にそれを復習することが、学力の定着には欠かせません。宿題は「わかる→できる」ための大切なステップです。次回の授業では、やってきた宿題を丁寧にチェックして生徒の学習意欲をアップさせます。

中3 イベント

■春期講習
学校での新年度を控えて好スタートを切るために、前学年の復習と新学年の予習をする春期講習。塾のシステムや教師に早く慣れ、質問しやすくする工夫もしています。

■夏期講習
中3生にとって夏期講習は非常に大切なものです。「夏を制するものは受験を制す」の言葉通り、夏の頑張りがそれ以降の成績を左右します。この時期に集中的に学習することで勉強できる頭と体に切り換えていくことが必要です。
千葉進研では、既習事項の徹底的な定着と秋以降の先取り学習を内容とする夏期講習を行い、秋以降の飛躍的な成績の伸びに備えます。
各科目の授業で出される宿題の他に、「夏期プリント」という復習の宿題プリントが毎日の課題になります。毎日提出される「夏期プリント」はスタッフが採点し、返却されます。この見直しも、学力向上に大きな効果があります。

■冬期講習
総仕上げの時期です。公立高校や私立高校などの出題傾向に即した重要項目のチェックや問題演習を中心に、徹底して志望校合格に向けての実力アップを図ります。
夏期講習と同様に「冬期プリント」が毎日の課題になります。授業の宿題とあわせて毎日6~8時間以上の家庭学習を確保し、合格への力を確実に養います。

■定期テスト対策
試験を通じて学習内容は定着します。定期試験勉強は受験勉強の基礎です。定期試験でしっかり学習した内容は受験勉強をするときの大きな支えになってくれます。
千葉進研では、学年ごとに各中学校別の定期試験対策を行います。各中学校の定期試験前は、土・日なども利用して学習時間を十分に確保したうえ、試験範囲にあわせたポイント対策授業や問題演習を繰り返し行い、生徒の努力が高得点につながるよう徹底的に指導します。

■個別対応
試験を通じて学習内容は定着します。定期試験勉強は受験勉強の基礎です。定期試験でしっかり学習した内容は受験勉強をするときの大きな支えになってくれます。
千葉進研では、学年ごとに各中学校別の定期試験対策を行います。各中学校の定期試験前は、土・日なども利用して学習時間を十分に確保したうえ、試験範囲にあわせたポイント対策授業や問題演習を繰り返し行い、生徒の努力が高得点につながるよう徹底的に指導します。

■特訓講座
苦手教科の克服をめざす単科講座です。公立の前期選抜や後期選抜入試においては、苦手科目がある場合、高得点で争う上位校での合格が困難になります。苦手科目を集中的に受講することで、苦手意識をなくし、さらに得意科目になることを目指します。(各教室ごとに、それぞれの教科・時間帯で開設されます。)

■英検対策
英語学習のひとつのステップとして、英語検定の受検を推奨しています。授業も検定に対応していますが、それ以外にも英検を受検する生徒のための対策を行っています。(各教室ごとにそれぞれの内容・実施形態で行われます)

■模擬試験
現在の学力を客観的に把握するために年7回の模擬試験を受験します。(7回のうち最後の2回は業者の会場模試を受験します)
つねに一定の方式で成績を処理するため、集団の中での位置や学力の推移が継続的にわかります。また、詳しい成績個表を発行し、自ら弱点を発見し実力養成にもつなげられるようにします。志望校別の合格判定は毎回行います。

■個別対応
生徒一人ひとりの授業態度や、小テスト、定期テストの結果などで発見したつまずきをいち早く「治す」ための、集中した個別対応を徹底しています。

■前期選抜独自校問題対策
中3の10月以降、千葉高、県立船橋、千葉東といった難関公立の前期選抜入試に向けた講座を実施します。この講座では、答案作成の練習を主眼とします。前期選抜の学校独自問題(予定)の詳細は現時点ではあきらかではありませんが、上位校で実施されるとすれば相当難しい問題です。短時間にすばやく解くスピードが要求され、また難関私立にはあまり見受けられない記述問題にも慣れておく必要があります。そのような出題傾向に合わせた対策授業を行っていきます。

■私立直前対策
学校ごとのレベル・出題傾向に合わせた《受験校別対策授業》を実施し、合格へ導きます。

■公立直前対策
通常の授業も十分に公立入試に対応していますが、それに加え、総仕上げとして公立直前対策を実施します。前期選抜の合格に向けて、レベル別・出題傾向別の対策授業を行うほか、最後に行われる後期選抜入試に向けても徹底した対策を行います。
分野別の要点チェックと同時に、問題演習の繰り返しで得点力をつけていきます。《プレ入試》でつねに現在の実力を確認しながらの個別対応も合わせて、全力の指導で志望校への合格へ導きます。