難関校対策 小学校

■公立中高一貫校対策講座
県立千葉中学校(以下:千葉中学)や市立稲毛高校附属中学校(以下:稲毛中学)の合格を目指します。千葉中学は2008年度開講し、稲毛中学は2007年度開講したばかりです。いずれの中学も初年度は20倍を超える高倍率の激戦の入試でした。3年目を迎えた千葉中学の入試でも2009年12月実施の一次試験において14倍を超える高倍率となりました。4年目を迎える稲毛中学の入試でも10倍を超えることが予想され、合格は容易ではありません。また、従来の学力検査ではなく、思考力や判断力を見る適正検査が実施され、いわゆる詰め込み学習では対応できません。この適性検査に対応するためには、日頃から身の回りの出来事に関心や問題意識を持ち、自分の考えを適切に表現する力が求められます。そのような観点から、通常授業に加え、中高一貫校対策のための対策授業を特別枠で実施します。小学6年生の4月に開講し、年間を通じて指導します。また中高一貫校のための全国規模の模擬試験を年3回実施し、合格の可能性を客観的に把握します。

難関校対策 中学生

■コース制指導
中2難関コース(2H・2Lコース)
中2になると難関高を目標とするコースが設置されます。ハイレベルの教材を用いて、学習単元を深くまで掘り下げて授業を展開していきます。また数学は特別講座と連動させ、演習問題の時間を確保し、じっくり考える問題に取り組んでいきます。

中3難関コース

科目

 

実施授業時間数

 

3-7月

 

9-2月

*教室によって週に通塾していただく回数が異なります。(3回または4回になります。)また、開始時刻や、延長授業の実施有無も教室によって異なります。詳しくは各教室にお問い合わせ下さい。

難関の国・私立高をめざす精鋭揃い!栄冠をめざしてハイレベルな特訓を断行!

中3難関コース(3Hクラス)では、渋谷幕張や千葉高などの県内最難関高校の合格を勝ち取るために、高校で習う範囲も十分意識して指導を行います。
また中3総合コース最上位の3Lクラスでは県立船橋高や千葉東高の前期選抜入試の合格に的を絞り、応用力を身につけることを主眼として授業を展開していきます。

中3特別講座
通常授業以外に、難関国公私立高合格に向けてのハイレベルな講座を実施します。県内難関私立高(渋谷幕張、市川、東邦、昭和秀英など)、都内国・私立高(筑波大附属、学芸大附属、早大高等学院など)、千葉東高校の独自問題に対応して、高校の内容や旧指導要項を含む発展的内容の特別カリキュラムと入試問題に照準を合わせた徹底的な指導で、広範な学力と実践力を養成します。4月~7月は英語・数学、9月~1月は国語を含めた3教科の指導となります。また、講座内において、全国規模のハイレベルな模擬試験を年5回実施します。

難関校対策 各種対策講座

■特別講座
通常授業以外に、県立千葉高や渋谷幕張高校などの難関高校合格に向けての該当学年の発展的内容および、次学年の内容を先取りした特別カリキュラムで講座を実施します。また講座内において、難関校向けの模擬試験を年5回(中1は3回)実施します。

■公立上位高対策
中3の10月以降、千葉高、県立船橋、千葉東(独自高問題含む)といった難関公立の前期選抜入試に向けた対策講座を実施します。この講座では、前期選抜の問題レベルよりもワンランク上のレベルの問題を短い時間で解くことにって、本番の入試に余裕を持たせ、かつ、本番で難しい問題が出題されても慌てず、確実に高得点を取ることを可能にします。

■難関私立直前対策
渋谷幕張、市川、東邦、昭和秀英といった難関私立の直前対策を実施します。まずは受験予定の生徒だけで模擬試験を実施し、その中で自分はどのくらいの位置にいるのかを知ってもらいます。また過年度の生徒のデータから、具体的な合否の可能性を算出します。もし合格ラインにまだ達していない場合は、個別に担任が必勝プランを作成し、合格を確実なものにします。