春期講習 -中学生-

春期講習 -小学生はこちら-

中1生 初めの試験好成績は続く

初めての定期試験が6月に行われます。この試験で好成績を取った人は、その後の試験でも同じように良い成績を取り続けることが多いようです。中1~中3の通知表の成績は、そのまま高校入試の判断材料にも使われます。高校入試は中1から始まっているのです。定期試験でよい成績を取るためにも早めに学習をスタートさせましょう。英語の基礎や正負の計算なども余裕を持って勉強できます。新しい教科書では、数学の一次方程式等の応用問題も増えます。「考える力の養成」のためにも、教科書以上の内容を学習していきます。また、最近の入試では記述問題が多く出題され、論理的な思考が要求されるようになりました。中1段階から、こうした入試傾向に沿った授業を展開していきます。

中2生 入試問題最頻出学年

2年生で学習する内容は、毎年公立入試で一番多く出題されています。勉強した人と、していない人の差がはっきり表れてきます。それは学習項目数が中1の3~4倍もあるために、試験前に少しくらい勉強しただけでは間に合わなくなるからです。英語の単語量は一挙に増え、不定詞や比較・最上級、受動態など、数学では一次関数や連立方程式、図形の証明など、どれも奥が深い単元です。さらに、公立上位高の独自問題や私立上位高のレベルの高い問題に対応できるように、質の高い授業を展開していきます。「定期試験のアップ」+「入試勉強」+「部活」の両立が、中2生の最重要テーマであり、この2年生での学習が入試の合否を決めると言っても過言ではありません。

中3生 行きたい高校が志望校

目標がはっきりしていれば、勉強するときのパワーが違います。まず目標を決めましょう。今の成績はあまり気にしないで、行きたい高校がいいと思います。中3になるとテストが増えます。多くの学校では、定期試験が3回、実力テストが2回行われます。さらに、受検高校を決めるために、業者模試(会場模試)を数回受けて、高校を絞っていきます。入試は、「私立入試」、「公立前期入試」、「公立後期入試」の3種類あり、それぞれの出題傾向や難易度は違います。そのため勉強方法も異なります。この複雑な入試を乗り切るために、クラスの授業を通して、あるいは個別に学習方法を提示・指導していきます。併せて、苦手教科克服もこの時期の大きなテーマになります。行きたい高校に合格できるように、私たちは全力で支え続けます。

集団指導で引き上げ、個別対応でフォローする

■通常授業(集団授業)
授業は、小テスト→新しい内容の講義→問題演習→解説 の順で展開されます。講義は学校の先行学習で上位校進学を念頭に、基礎学力をしっかり身につけたうえで難度の高い問題を扱います。小テストが基準に達しない場合等、補講も頻繁に行います。(授業時間は、中学生は60分、小学生は45分)

■担任制
担任は授業でも教えている教師です。日頃の授業や日常のふれあいから生徒を理解し、その生徒の成績や潜在能力をふまえ、各生徒に合った勉強のしかたや受験校などを、的確かつ親身にアドバイスいたします。また、5~6月にはクラス担任による保護者会(説明会)、秋には保護者会(個人面接)を実施しております。

■個別対応
授業後はフォローアップタイムにあてています。小テストで定着度が気になる生徒は個別対応でバックアップ。宿題は毎回チェックし、間違い直しを含め仕上がっていない生徒は授業後に個別に対応いたします。もちろん質問は随時OK。また、欠席した場合の欠席補講の実施や、遅刻の時も授業後にしっかり対応いたします。

■学力別クラス編成
1クラスの人数は20名程度以下としています。複数のクラスがある学年では、学力が接近した生徒の集団での指導が効果的と考えております。

通常授業以外も充実。目的別に講座・対策授業を開設

■特別講座
●難関国公私立高校の受験対策のための講座
●中2英数特別講座…2L・2Hコースは必修
●中3英数特別講座[前期]・中3難関国公私立特別講座(英数国)
[後期]…3Lコースの生徒は必修(中3では教室により、理・社の特別講座も開設)
●中1英数特別講座[後期]

■特訓講座
●苦手対策講座(教室により教科・内容等は異なります)

■各種対策講座・対策授業
●英検対策講座、入試対策講座など、各教室でニーズに合わせて様々な講座を開設

中学生の年間イベント

■模 試
●中1・2生は年間6回、中3生は年間7回、うち2回は会場模試があります。
●中2の7月からは志望校を判定します。
●中3HLでは、難関国公私立入試レベルのアドバンス模試も実施されます。

■定期テスト対策
●地元の中学校に対応した、定期テスト対策を実施します。
●対策授業、プリント演習の他、自習や質問にも対応いたします。

■春期・夏期・冬期講習
●内部生は必修。中3の日数は中1・中2の約2倍です。
●1日3時間の授業です。(中3HLの夏期は4時間授業の日もあります)
●外部生も募集いたします。(選抜テストはありません)

公立前期入試・私立高校入試結果

※ 上の画像をクリックすると、大きな画像が表示されます。