担任制の継続的な指導体制

担任は、授業で教える中で、あるいは個人面接や日常のふれあいから生徒を理解し、各人の学習状況や意欲、潜在能力などの個性に応じた目標を立てます。その課程で生じる悩みや問題点には適切なアドバイスで励まし、生徒と共に問題点を解決して“やる気”を育み、生徒と教師、ご家庭と塾とのゆるぎない信頼関係を築いています。