目の前にあるものをきちんと・・・(塾だより3-4月号:小学生)

 

目の前にあるものをきちんと練習して、身につけるようにしよう!

新小学6年生のみなさんには、まだまだ「高校入試は中学に入ってからやれば大丈夫(だいじょうぶ)でしょ?」と思っている人が多いと思います。しかし、最近のニュースで知っている人も多いと思いますが、高校入試(さらにその先の大学入試)はこれから変化していきます。具体的な内容は各自で見てもらうことにして、「結局どうすればいいの?」ということです。今のところ、高校入試の内容を教えていると、入試は「小学生で習った技」が必要であるということが言えます。例えば、算数では「分数・小数の計算」は中学の数学ではもちろん、理科でもひんぱんに使うので、計算の仕方は小学生の間に身につけておかないと、中学に入ってからも時間をとって練習しないといけなくなります。また、中学の理科・社会の内容は、小学校の内容をふまえて習うことが多いです。(特に理科の水溶液の内容は、中学に入っても毎年出てきます)中学に入ると、学校行事などで時間をとられて、さらに多くの人は部活動で運動系に入って体力も使います。勉強でも、つかれた状態で練習することは、身につきにくいと思います。したがって、中学に比べて余裕(よゆう)のあるこの1年間の過ごし方はとても大切になってきます。おすすめなのは、宿題や模擬(もぎ)テストを通して、習ったことをくり返し復習・練習しておくことです。目の前にあるものをしっかりと身につけることによって、「その先」も見えてくるのではないかと思います。

カテゴリーNEWS