夏までにやっておきたいこと(塾だより5-6月号:中3)

~忙しく、けれどもがんばりたい中3生のみなさんへ~

中3生のみなさんお元気ですか。最高学年ということで、塾でも学校でも、そして部活動でも負担が日増しに大きくなっている今日この頃だと思います。これまでの先輩たちを見ていると、時間的にも体力的にもぎりぎりのところでがんばっている生徒が多かったように思います。そんな今の時期、夏までの間にやっておきたいことについて、今回はお話したいと思います。

 高校情報や入試情報を多く得る
 中3受験生として高校入試に向かうにあたり、大学進学実績などの高校情報や、受験形態、倍率などの入試情報を得ることは欠かせません。これらの情報は中学校や塾でも数多く手に入れることができますが、高校で行われる説明会に参加すると、より詳しい情報を入手できるでしょう。
 公立高校の説明会は中学校を経由して、私立高校の説明会はホームページから申し込むことが多いですから、自分でしっかりと確認して、興味があるところや受験する可能性がある高校は1つでも多くチェックするようにしましょう。
 高校の雰囲気を知るには文化祭に足を運ぶと良いでしょう。これまでも多くの先輩たちが、文化祭への訪問をきっかけに行きたい高校を見つけることができました。ただ、大半の高校で、文化祭は夏前の6~7月頃に行われることが多いようです。部活動も夏の大会やコンクールなどを間近に控え、忙しさも最高潮に達していることと思いますが、何とか時間を見つけて足を運ぶようにしましょう。

 限られた時間・体力の中でできることをしっかりやる
 中3受験生ということで、模試の成績を上げなくちゃとか、中1や中2の復習をしっかりしなくちゃと思っている人が多いと思います。しかし焦りは禁物です。中3の夏までの時期は部活などが忙しく、時間的にも体力的にも、まとまった勉強量を確保するのが大変難しいと思います。そんな中で無理をしてもなかなか効果が上がらず、気持ちも落ち込んでしまいます。
こんなときだからこそ、できることをしっかりやるというように気持ちを切り替えることが大切です。夏までにやるべきことは主に2つです。
1つ目は、中3で新しく学ぶことをしっかり理解しできるようにすることです。最高学年だけあって、どの教科も学ぶ内容が難しくなります。塾の授業・宿題を中心に、まずは新しく学ぶことを確実に身につけることにこだわりましょう。そのためには、塾の授業に欠かさず出ることが大切です。夏が近づくと部活で帰りが遅くなり、塾への到着も遅れがちになってしまうことも多くなりますが、帰りに補習を受けるなどして、その日のことは、その日のうちにしっかりやるようにしましょう。
2つ目は、前期中間テストをがんばることです。中3時の学校の成績は公立・私立を問わず合否判定の大きな材料の1つになります。日頃どんなに忙しくても、時間を上手に使って前期中間テストは何としてでも成功させましょう。中1・中2とやってきて今回で3回目の前期中間テストです。これまでの経験と反省を活かしましょう。
難関校を目指す生徒は、他にもやるべきことがあると思います。時間は限られていますから、日頃の生活を見直し、時間を上手に使うことを強く意識しましょう。「限られた時間を上手に使って最大の効果を追求する」ことは、高校に進学すると、さらに求められる力です。その訓練だと思ってがんばりましょう。もちろん、始めから上手くできる人はいませんから、もし上手くいかずに困ったら、塾の先生に相談しましょうね。

 後悔することがないよう部活動などもしっかりやりきる
 部活動を中心に、課外活動をがんばっている生徒が多いと思います。そして多くは夏前後に一区切りとなり、そこから高校入試までは勉強に専念する形になるという人が多いと思います。その際、その一区切りを納得いく形で迎えられれば、その後の受験勉強も上手くいくことが多いように思います。逆にその区切りが中途半端に終わってしまうと、いつまでももやもやして切り替えが上手くいかないということになりかねません。早く勉強しなくてはという焦りもあるかも知れませんが、部活動などの課外活動も、後悔することがないようにしっかりとやりきるようにしましょう。

カテゴリーNEWS