有意義な夏休みを送ろう!(塾だより7-8月号:小学生)

計画を立てて、毎日を大切に

いよいよ夏休み。ふだんはいそがしくて、自分の時間がなかなかとれない人もいると思います。勉強以外にもふだんやりたくてもできないことも夏休み中にやってみましょう。

1.学校の宿題や課題(かだい)は計画を立てて、夏休みの真ん中ころには終わるように

まず、かならずしなければいけない勉強面の予定を先に立てます。学校の宿題や課題・提出物(ていしゅつぶつ)などです。多くの小学生は、夏休みの真ん中くらいには、これらが終わるように計画を立てて、取り組んでいます。夏休みの後半に、これらが残(のこ)っていると、あまり楽しく遊ぶことができませんよね。

 

2.学校の宿題以外の勉強にも取り組もう

次に、学校の宿題以外の勉強に取り組んでみましょう。8割~9割の小学生が自分で目標(もくひょう)を決めて、夏休みに実行しています。自分で確実(かくじつ)にできるようなものがいいです。漢字練習・英(えい)単語(たんご)練習・計算練習などが一番取り組みやすいと思います。もちろん、他のことでもかまいません。自分で計画を立てて、自分でそれを達成(たっせい)することができれば、単に勉強ができるようになるだけでなく、達成感が生まれ、そして、それが大きな自信につながります。そして、また自信がつけば、さらに次の新しい目標を決めて、それに向かってがんばろうという意欲(いよく)もわいてきます。これらについては、長時間の勉強を目標とするのではなく、あくまで長期間を続けて勉強することを目標にすると効果(こうか)が大きいと思います。いわゆる「ムリ・ムラ・ムダ」をできるだけ少なくということです。最後に、勉強ばかりでは、せっかくの長い休みがもったいないです。

3.夏休みにしかできないことをやろう

夏休みにしかできないことをやることも大切です。家族と旅行に出かけるのもいいですね。海やプールで思い切り泳ぐのもいいですね。キャンプなんかも楽しそうですね。お祭りや花火大会なんかもいいですね。たまには、ノースマホデーノーテレビデーノーゲームデーを設(もう)けるのもいいですよね。たっぷり読書生活というのもいいですね。まだまだ、ここに書ききれないほどたくさんあるので、これくらいにしておきます。

 

4.心身ともに健康であることを心がよう

夏休みは学校に行かなくてもいいので、ついつい気がゆるみがちになる時期でもあります。夜ふかしをしたり、ジュースなどの清涼(せいりょう)飲料水(いんりょうすい)やアイスクリームなどをとりすぎたりしないように、気をつけましょう。学校がなくても、だらだらした生活にならないように気をつけましょう。 そのためには、

1.規則(きそく)正しい生活を送る

①早寝早起きをする。

②身の回りの整理(せいり)整頓(せいとん)

③自分のことは、自分でする。(できることでよい)

④ねる前のスマホやゲームはやらない。(深いねむりがとれなくなる)

2.家族の一員として、お手伝いをしよう。

洗(せん)たく・そうじ・買い物・お風呂(ふろ)そうじなど

3.安全にすごそう

水の事故(じこ)・交通事故にあわないように十分に気をつける

事件にまきこまれないように、いろいろな規則(約束(やくそく))を守る

今から、夏休みが楽しみですね。心身ともに成長(せいちょう)してください。

カテゴリーNEWS