夏休みで差がつく! 中学生の勉強法(塾だより7-8月号:中1中2)

中学生の夏休みは、各学年で「目指すところがどこにあるか」によって、勉強方法に違いがあります。夏休みに、しっかり勉強した生徒とそうじゃない生徒では、後期(2学期・3学期)の成績の伸びが全く違うのです。

 

<誰でも、苦手教科や得意教科をレベルアップできる。それが夏休み!>

そして、必要なものが計画的な勉強です。中1・2のポイントは、以下です。

【中1】

小学校とは違った環境に入って、早4ヶ月です。ちょうど疲れがたまってくる頃かと思います。でも怠けていてはいけません。1年生にやってほしい勉強は、習ったことでわからないことを復習することです。まだ習った範囲はそれほど多くないので、学校の教科書やワークの問題を再度最初からやり直して、わからないところを全てわかるようにしておくことです。復習する時のポイントは、解説を読んでもわからない問題は、必ず質問し、教えてもらうことです。まとめると、

・学校の問題集で1学期に習った範囲を全てやり直す。

⇒塾の夏期プリントで、しっかりやる。

・わからない問題は、質問をして聞きながら解決する。

⇒塾の先生に質問をして、夏休み期間中でできるようにする。

【中2】

やはり、部活との両立が大問題でしょう。限られた時間で、効率的に復習をしておくことが、最も大切だと思います。何を勉強すればよいのかというと、1年生から今までの部分の復習です。これをきちんとしておくことで、3年生に向けての土台ができます。この復習をするうえで、非常に役に立つのが夏休みの課題です。まとめると、

・夏休みの課題を繰り返す。(3回以上)

⇒学校から出される課題や塾の夏期プリントをやる。

・1年生の教科書で復習する。(英語・数学は有効です。)

⇒苦手部分の発見と克服が目的です。

夏休みの勉強は、暑さとイベントの多さによって、最もやる気が出ない時期です。だからこそ、勉強計画が大切! そして1・2年生で大事なことは、いつまでに課題を終わらせるかをきちんと決めることなのです。学校の課題は、お盆までに終わらせると、お盆明けからテスト(9月の前期期末テスト)勉強ができます。塾の課題は、講習期間だけなので、塾のない日に学校の課題をやりましょう。

カテゴリーNEWS