もっとスマホやインターネットを活用しよう(小学生:塾だより11-12月号)

ニュース・時事問題との向き合い方-

最新のニュースや時事ネタについて調べるとき、インターネットを活用すると便利です。情報(じょうほう)の正確(せいかく)性には注意が必要ですが、短時間でぱっと調べることができるのは紙の辞書などではできない芸当です。また、最近ではスマートフォン(以下スマホ)を持つ小・中学生が本当に多くなりました。スマホではさらに手軽にインターネットを利用できます。調べ物もさらに素早(すばや)くできるようになります。勉強でも生活の中でも、疑問(ぎもん)に思ったこと、分からないことがあったら、すぐに調べて知るくせをつけて欲(ほ)しいと思います。それがニュースや時事ネタと接(せっ)していく際(さい)にも大切な姿勢(しせい)です。

スマホは画面が大きく、メールにインターネット、調べ物からゲームまで多機能(たきのう)で確(たし)かに便利なものです。ただその一方で、LINE(ライン)をはじめとするSNS上でのいじめや、犯罪(はんざい)に巻(ま)きこまれるなどのトラブルにあう危険(きけん)性もありますから、正しい知識(ちしき)を持ち、ルールを守ってしんちょうに活用してほしいものです。今回は、それ自体が時事問題のテーマとしても出題の多いスマホについて考えてみたいと思います。

 スマホを使って調べ物をする際に注意したいこと

スマホなどからインターネットにアクセスして調べ物をする時には、情報の信頼(しんらい)性に十分な注意が必要です。テレビや新聞は発信元がはっきりしているため、誤(あやま)った情報を発信してしまうと厳(きび)しく責任(せきにん)が問われます。そのため、比較(ひかく)的情報の信頼性が高いと言えます。しかし、インターネット上の情報の中には、だれがいつ発信したのか分からないものも多数含まれています。発信元がはっきりせず、責任を問われることが少ないため、誤った情報やだれかを傷(きず)つけるようなウソの情報も少なくありません。見る側の我々(われわれ)に、情報が正しいかどうかを判断(はんだん)する責任があります。特にインターネット上では、見た情報をうのみにせず、他の方法で調べるなどして、なるべく正確な情報を得られるように努めてほしいと思います。

 スマホを安全に利用するために

スマホは便利なものです。それどころか生活必需(ひつじゅ)品にもなりつつあります。しかし一方で、スマホの利用には多くの危険もひそんでいます。こうした危険をさけて、安全に便利にスマホを利用するにはどうしたらよいのでしょうか。そのヒントして「スマホ18の約束」というものがあります。ちょっと古いものですが、アメリカのある親が子供にスマホ(iPhone)をあたえる時に決めた18の約束事です。

≪スマホ18の約束(一部改変、原文は英語)≫

  • 人に面と向かって言えないようなことをLINEやメールでしないこと。
  • このテクノロジーを使ってうそをついたり、人をばかにしたりしないこと。人を傷つけるような会話に参加しないこと。人のためになることを第一に考え、けんかに参加しないこと。
  • ときどき家に携帯(けいたい)を置いて出かけてください。そしてその決断(けつだん)に自信を持ってください。携帯は生きものじゃないし、あなたの一部でもありません。携帯なしで生活することを覚えてください。流行に流されない、自分だけが取り残されていると思ってしまう不安感を気にしない人間になってください。

などなど

どれもスマホをぬきにしても大切なことばかりです。他の約束事についてはインターネットで調べてみましょう。ぜひこの機会に、スマホ・携帯の利用について家族で話し合ってみてはいかがでしょうか。

カテゴリーNEWS