英検合格に向けて(小学生:塾だより11-12月号)

漢検が終わり次は英検です。だんだんと本番が近付いてきました。多くの人が5級を受けることになると思います。英検5級は中学校初級程度とされています。これまで英語の授業をがんばってきたみなさんはすでにかなりの知識を身につけていることだと思いますが、それでも簡単にはいかないかもしれません。しかししっかり準備をすればちゃんと合格できます。塾での対策や家での演習・復習を大切にして余裕をもっての合格を目指しましょう。

合格のためにはまず単語力をつける必要があります。とくによく出る単語は確実に覚えておきたいところです。急にたくさんはむずかしいので毎日少しずつ準備をすすめましょう。練習の時は口に出すのがポイントです。発音しながら書いて覚えましょう。練習したらちゃんと覚えられているかテストしてみるのを忘れずに。(せっかく覚えたものを忘れてしまわないように定期的にチェックすると良いです。)また、重要な表現や代表的な例文は文ごと暗記してしまいましょう。このときもやはり口に出しながら覚えるのが大切です。リズムがつくと頭に残りやすいので、ためしてみてください。

単語のほかにも文の作り方のルールも見直しておきましょう。ある程度は例文の暗記でも対応できますが、ルールを理解しているとより確実です。これまでの英語の授業で勉強したことを復習しておいてください。わからないことや忘れてしまったところがあれば質問して解決しておきましょう。

対策で一番大切なのはやはり過去問をくりかえし解くことです。一回一回が本番のつもりで真剣(しんけん)に取り組んでください。解き終わったら解説をていねいに確認して、できなかったところを必ずその場で覚えるというつもりでやりましょう。いくつもやっていると何度も出題されているものもわかってくるので、そういうものは絶対にはずさないように勉強することが重要です。過去問の演習・復習をしっかりやれば、必ず合格点がとれるようになります。

年末・年始はほかにもやることが多くいそがしくなるかもしれません。対策がおろそかになってしまわないようにできるだけ早めの準備を心がけると良いと思います。小学校での英語の勉強の集大成としてみなさんがいい結果で終われるように、いっしょにがんばっていきましょう。

カテゴリーNEWS