英検を受けよう!(中1中2:塾だより11-12月号)

目標を決めて、入試へのステップにしよう

先生方からもお話があると思いますが、高校入試では内申点が非常に重要です。その内申点を上げる手段の一つとして、英検があります。今回は英検について説明します。

1 受検について

今までに英検を受けたことはありますか。積極的に受ける人と全く受けない人の差が大きいようです。受けない人は英検自体に無関心な人が多いです。しかし、英検を持っていないと入試のときに不利になることがあります。そのことを中3の秋ごろに気付く人がいますが、それでは遅すぎます。中3の10月までに合格した検定は調査書(内申書)に記載されます。それまでに一定のレベルの級に合格しなければなりません。

英検は1年間に3回の試験があります。6月、10月、1月です。受検できる機会があればなるべく受けるようにします。リミットは中3の10月ですから、2年生はあと3回、1年生はまだ6回もチャンスがあります。

注意点が一つあります。中学校で英検を実施しているならば良いのですが、そうでない場合は、日曜日に他の中学校や大学などの本会場で受けることになります。すると部活と重複し、「練習なら休めるけど、試合だから休めない」ということも起こり得ます。まれにですが、受検日と自然教室などがかぶることもあるようです。こんな場合は絶対に無理ですね。このように、受けようと思っても受けられない時もあるので、受検できる時にどんどん受検した方がいいと思います。

2 目標とする級

取得級の目標ですが、中2の1月までに3級合格というのが理想的です。3級は中3終了レベルなので少し難しいかもしれません。不合格だったら中3の6月で再チャレンジします。ともかく1度受けてみることが大事です。3級に合格したら次は準2級にチャレンジです。高校1年レベルですので、合格すると内申点にも有利になります。1回は落ちることを覚悟して、中3の6月・10月の2段階で受かるように想定してもいいかもしれません。

3 準備について

準備は単語・熟語と過去問です。特に過去問の大問1番をメインに準備すると、相当単語力がつきます。単語熟語集と過去問1番を用いて、ひたすら覚えていきます。対策授業があったら迷わず参加し、たくさん過去問を解くようにしましょう。

また、去年から採点方式が変わり、リスニングの比重が重くなっているようです。家では過去問CDなどを使ってリスニングの練習を必ずやって下さい。

定期テスト前でなければ、家庭学習は塾や学校の宿題だけという人も多いと思いますが、そういう時こそ英検の勉強をして下さい。日々の予定に「過去問をやる」という項目を入れておき、毎日少しでも問題に触れておきます。多くの生徒は現学年よりも上の級を受けると思います(中1で4級、中2で3級など)。大問1の最後の3問とか、大問3の並び替えの問題(4級)は文法事項がわからないと納得できないと思いますので、そんな時はどんどん質問して下さい。

3級以上で出題されるライティングの解答を面倒がって書かない生徒がいます。しかし、書き方のパターンがあり、それに則れば意外と簡単に書けます(練習すればですが)。部分点ももらえるので、ぜひ書く練習をして下さい。

カテゴリーNEWS