10分だけ、がんばろう(小学:塾だより5-6月号)

「やる気あるの?」

と聞かれたことはありませんか。私(わたし)も小学生のころから塾(じゅく)に通っていましたが、宿題を忘(わす)れたり、テストの点数が悪かったりすると、よく先生にこう聞かれたものです。困(こま)ったことに、こういう質問(しつもん)をされるのは、たいてい私にやる気がないときなのです。しかし、

「ありません。」

と答えたら、しかられるに決まっています。だから仕方なく、

「あります。」

と答えるのです。実はこの質問、質問であって質問ではないのですよね。この言葉の本当の意味は、

「きみ、やる気がないだろう。今すぐやる気を出しなさい!」

ということなのです。私としても、「やる気」を出したいのは山々です。しかし、いざ「やる気」を出そうとしても、どうすれば私の「やる気」が出てきてくれるのか、皆目(かいもく)見当がつきません。かばんの中からテキストを出すのとはちがいます。「やる気」って、一体何でしょう。どうすれば出てくるものなのでしょうか。

まず、「やる気がない」ときの気持ちについて考えてみましょう。「やる気がない」、つまり、やりたくないと感じる原因(げんいん)はどこにあるのかと分析(ぶんせき)すると、多くの場合、「いつ終わるかが予想できないこと」と「上手くいかなかったときのストレスが予想できること」の二点が、大きな障害(しょうがい)になっているのではないかと思います。終わりが見えないのは、だれにとってもつらいことですし、「できない」「わからない」と苦しむ自分の姿(すがた)を想像(そうぞう)して、ゆううつにならない人などいないでしょう。「やる気がない」と感じるのは、あなただけではありません。いつでもやる気に満(み)ちあふれている人など、どこにもいないのです。するべきことをきちんとこなせる人というのは、「いつもやる気がある人」ではなく、「やる気がなくなったときの対処法(たいしょほう)を知っている人」だと言えます。

では、「やる気がない」ときは、何をすればよいのでしょうか。「やる気」をさまたげる二つの障害をなくしてやればよいのです。

そこでおすすめしたいのが、『10分しかがんばらない!ゲーム』です。一度、だまされたと思ってやってみて下さい。

まず、あなたがやる気になれない何かを用意します。どんなものでもかまいませんが、計算ドリルや漢字の書き取り、暗記しなくてはならない英(えい)単語(たんご)のリストなど、成果(せいか)のわかりやすいもののほうが効果的(こうかてき)です。取りかかる前に、全体の量(りょう)を確認(かくにん)しましょう。そして、「絶対(ぜったい)に10分しかがんばらない」と心にちかいます。「10分後には楽になれる」と思うことで、取りかかる前のハードルが下がり、「10分しかない」と思いこむことで、集中力を高めることができるからです。時間を確認したら、10分間だけがんばりましょう。このときの10分間は、とにかく集中し、全力で取り組んで下さい。そして10分たったら、本当に手をとめます。手をとめた後は、自分が10分間でどれだけできたかを確認しましょう。

実際(じっさい)にやってみると、「思ったより進んだ!」と思うことがほとんどではないかと思います。たった10分集中するだけで、こんなにもはかどるのだ、ということが実感できれば、もう半分、終わったようなものです。残(のこ)りの量を確認しましょう。「あと○○分がんばれば終わりそうだ」と、大まかな予想がつくはずです。終わりが見えれば、「いつ終わるかが予想できない」という一つめの障害からは解放されます。

ときには「全然(ぜんぜん)進まなかった」とがっかりすることもあるでしょう。そんなときは、なぜ進まなかったのか、原因を考えてみましょう。問題の解(と)き方が分からないのであれば、塾に質問に行きましょう。暗記が進まないのであれば、暗記のコツを教えてもらいましょう。困ったときは、先生をたよればよいのです。一人で苦しみつづける必要(ひつよう)はありません。

 

こう考えると、少し気持ちが楽になりませんか。やる気がおきないときは、「10分だけ」と決めて、手をつけさえすればよいのです。終わりが見えてくればやる気が出るし、終わりが見えず、「できない!」と困ることになったとしても、先生に助けをもとめればよいわけです。

「ゆううつというのは、困ることを困ること」

と言った人がいます。私の大好(だいす)きな言葉です。ゆううつだな、と感じるとき、実際のところは、まだ困っているわけではないのです。これから困るであろうことを想像し、勝手に先まわりして困っているだけなのです。

「やる気がない」というのにも、同じことが言えるのではないでしょうか。わたしたちが一番つらいと感じる瞬間(しゅんかん)は、「実際にそれをやっているとき」ではなく、「やりたくないと思っているとき」なのかもしれません。なかなかやる気になれないときは、「10分だけだから」と自分に言い聞かせ、思い切って手をつけてみましょう。案外(あんがい)あっさり終わってしまって、

「なぁんだ、こんなものか。」

と、ひょうしぬけするかもしれませんよ。

カテゴリーNEWS