夏休みを迎える前に(中学:塾だより7-8月号)

前期期末テストや2学期中間テストに向けて

前期中間テストや1学期期末テストが終わり、これから夏休みに入ります。夏休み明けに行われる前期期末テストや2学期中間テストに向けて、今のうちからしっかり準備をしておきたいものです。特に9月の前期期末テストは、中学校によっては夏休み明けすぐのところもあります。その場合は夏休みのうちに準備を仕上げておかなくてはなりません。これまでの経験で分かると思いますが、夏休みは長いようで短いものです。早め早めに取り組んでいかないと、準備が間に合わず結果が振るわないということになりかねません。そうならないように、以下の点に注意してこの夏を過ごしてほしいと思います。

【中1】急激な難易度アップに要注意

中1の夏前に行われる定期テストでは、まだ試験範囲がせまく、難易度も高くないことが一般的です。しかし、秋以降は範囲が広がり、難易度も上がってきます。学年の平均点が何十点も下がることも珍しくありません。また、前期期末テストの場合は主要5教科に加え、音楽や保健体育、技術家庭のテストもあります。これまで通りの取り組み方では、多くの人が準備不足になってしまうことでしょう。そうした状況に対して、塾では授業などを通して的確なアドバイスをしているはずです。夏前後は部活動が忙しい時期ですが、アドバイスを参考に秋以降に向けた準備にもしっかり取り組みましょう。具体的には、学校のワークを日頃からしっかり解き進めましょう。補習なども活用しながら、塾の授業・夏期講習を欠かさず受けることも重要です。そして、貴重な夏休み終盤の時間をとられることがないよう、中学校の宿題は夏休みの前半のうち、できるものについては7月中には終えてほしいと思います。

【中2】忙しくなる部活や中学校生活と勉強との両立に取り組む

多くの部活動では、夏の大会を最後に中3生が引退し、中2生が主力になります。夏休みが終われば、部活動以外の活動についても中2生が中心となって行うようになります。一方勉強面では、数学を中心に高度な内容が増えてきて、勉強の質・量ともにさらに向上させていく必要があります。さらに、塾では8月の模擬試験から高校の志望校判定が出るようになり、着実に高校入試に向けても取り組みが進んでいきます。中1生の頃とあまり変わらない生活だった夏前と比べ、中3生に向けて、あらゆることが大きく変わり始めるのがちょうど今の時期です。そんな中で前期期末テストや2学期中間テストを迎えます。昨年度の反省点を生かして上手くできるかと思いきや、思いがけないことに時間をとられて準備が不足する恐れがあります。これまで以上に、早め早めに準備していくことが欠かせません。学校のワークなど取り組めるものはたくさんあるはずです。

【中3】内申点確保のために外せない秋の定期テスト

中3生はまもなく激しい夏期講習が始まります。日々の宿題や課題に中学校の提出物が重なり、目も回るような忙しさになる生徒も珍しくありません。しかし、同時進行で夏休み明けにある定期テストの準備も進めなくてはなりません。詳しい説明はここではしませんが、秋になるといよいよ本格的に受験校を決めていくことになります。その際、大半の生徒が私立高校を推薦入試(併願推薦)で受験することを考えるはずです。私立高校の推薦入試では、高校ごとに推薦基準が定められており、その多くは3年次の中学校の成績(内申点)とされています。もちろん、公立高校の入試でも内申点は重要ですが、私立推薦入試では推薦基準できっぱりと線引きされてしまうことが多くシビアです。内申点が1ポイント足りないために、意中の高校を受験できないということが起こりかねません。ですから、内申点を決める大きな要素となる定期テストは非常に重要です。もちろん提出物も欠くことできません。千葉進研の熱い夏期講習で高校入試に向けた準備をしっかり積み重ねつつ、内申点確保のための取り組みも入念に行って下さい。定期テストの得点はもちろんのこと、提出物や授業態度など、細かいところにも注意して取れるポイントは取り切りましょう。十分な内申点を確保することができれば、秋の受験校決定がスムーズになります。そして第1志望校合格に向けての準備に、より集中できる環境が整います。高校入試の成功をより確かなものとするために、夏休み後の定期テストに向けての準備も、この夏の間に着実に進めておきましょう。

カテゴリーNEWS