夏期プリのすゝめ(中学:塾だより7-8月号)

みなさん、もうすぐ夏休みですね。夏と言えばみなさんは何を思い浮かべるでしょうか。海? 山? 祭り? 楽しそうな事はたくさんありそうですが、これは塾だよりなので、残念ながらこれから書くのは夏期講習についてです。特に今回は、千葉進研の夏期講習の名物である「夏期プリント」についてお話ししようと思います。この夏期プリントは今まで習った範囲の復習プリントになります。講習中は毎回塾に来たときに提出し、その点数を他の生徒たちと競います。夏期プリントは分からない所を自分で調べて良い事になっているので、どんどん調べて高得点を狙いましょう。通常の授業の時のように1週間空いているわけではないのでとても大変ですが、それを乗り越えられると確実に力がつきます。今回はこの夏期プリントをうまく活用するためのヒントをいくつか紹介したいと思います。

兎にも角にも「余裕」が大事

夏期プリをうまく活用するためには、まずは余裕を作ることが重要です。提出の前日の深夜、徹夜しても間に合うかどうか分からない。そんな状況で世の中の理不尽さを嘆きながら何とかプリントを終わらせても、なかなか力はつきません。夏期プリントは事前に配布されるようになっていますので、夏期講習が始まる前に何枚か終わらせておいて、ある程度余裕を作っておきましょう。また計画を立てる時にはあまりきちっと決め過ぎないようにしましょう。大抵の場合、何かしらのトラブルで予定より遅れることになりますので、ある程度自由にできる部分を作っておくといいでしょう。

また部活などがとても忙しくて、どうしても他の生徒と同じように提出できないという人は、あらかじめ担任の先生と相談して目標を決めておきましょう。「お盆の間に追いつく」とか「夏休みの終わりまでに追いつく」など自分の忙しさと相談してちょうど良い目標を決めて、「忙しくて終わりませんでした」に甘えることなく努力しましょう。

頑張るけど頑張りすぎない

夏期プリントは、分からないところは調べて書いてもいいことになっています。勉強が得意な人はそれこそ完璧を目指してどんどん調べて、得点ランキングの上位を狙いましょう。逆に苦手な人が完璧にこだわり過ぎると、時間を浪費してしまう危険があります。効率というものは時間をかければかけるほど落ちていくもので、「完璧にできたけど6時間かかりました」では時間がもったいないですよね。夏期プリントに「時間をかけ過ぎない」ということが大切です。

まずはとりあえず一通りやってみましょう。分からないところがあってもすぐには調べずに後でまとめて調べるようにしましょう。また1枚あたり何分と時間を決めてやるのも集中できていいと思います。切りのいいところまで終わったら、次に分からなかったところを調べましょう。ただし時間に余裕がない人は調べる教科を絞りましょう。例えば、社会や理科は単元の区切りも分かりやすく調べやすい教科と言えるでしょう。また英語の単語などもすぐ調べられます。逆に、国語や数学は似たような問題を探しにくく、答えが分からない状態で時間をかけてもあまり効果が期待できません。これらの教科はむしろ採点が終わってからの見直しに時間をかけた方が良いでしょう。

夏期プリントは回数も多く、いわばマラソンのようなものです。最初だけ全力ダッシュをしても、すぐにガス欠を起こして追いつかれてしまいます。まずは自分のペースをつかむところからです。塾から夏期プリが配布されたら、試しに1セットやってみて、「どのくらい大変か」や「どのくらい時間がかかるか」を調べてみましょう。それをもとに夏の予定をしっかり立てて、長い夏を乗り切っていきましょう。

カテゴリーNEWS