「夏を制する者は、受験を制す」(中3:塾だより7-8月号)

この春、第1志望に合格した、ある先輩の言葉を紹介します。

夏期講習が始まる頃に先生が言っていた
「夏を制す者は、受験を制す」
という言葉を胸に私は夏の間、勉強をしました。

よく言われることではありますが、受験で成功するには、この夏が勝負であるということですね。結果が大きく左右されるという意味で、受験生の夏期講習は、受験における「関ヶ原の戦い」みたいなものです。つまり、この夏はみなさんの未来を変える可能性が十分にあります。関ヶ原のように、どっちにつくかを悩む必要はまったくありません。自分に味方して、思いきりやるだけでよいのです。

私が夏期講習中に常に意識したことは、他の誰よりも多く勉強することと、毎日、自分自身で決めた目標を達成することでした。そして、そのような学習を継続することで、入試本番も「自分はこれだけやったから大丈夫」と自信を持つことができました。

実際は、「他の人より勉強できたかはわからない」と本人も言っていますが、目一杯やっていることで、学習にあせりがなくなったとのことです。

大事なのは、自分で決めた小さなゴールを日々、達成していったというところですね。千里の道も一歩からです。目の前の課題を日々ひとつずつクリアしていくことで、着実に合格に近づいていくことができます。

最終的に入試本番で、自分自身を信じられることほど、心強いものはありません。精神的な意味でも、この先輩は夏の努力によって「受験を制した」ということができるでしょう。

 

部活を引退し勉強に集中できるという環境になっても、最初は「部活がしたいな」とか「勉強飽きたな」など、一日の勉強時間は多いのに全然集中しきれませんでした。

もう一人、別の先輩のコメントを紹介します。

きっとこの先輩も、部活が終わったらがんばろうと思っていたでしょうし、「夏を制する者は~」という言葉も知っていたことでしょう。でも、こういう状況におちいる可能性はみなさんにも十分あります。夏期講習に入る前に、プランをできるだけ具体的にしておくことです。中3の夏は、思っているよりもはるかに暑くて長くてだるいのです。しかし、楽ではないからこそ、有利な位置をとる最高のチャンスになります。

とくに私が心がけたことは、休む時は思いきり休み、勉強するときはとにかく集中するという「メリハリ」です。たとえ極限の集中状態になっても、それを継続することは簡単ではありません。どんなに短い時間でもメリハリを意識することで、高い集中力を長時間維持することができ、質の高い学習ができます。
夏期講習中のある日、先生が「冬期講習や入試直前なんて誰でも真剣に勉強するんだ。だから、まわりと差をつけるにはこの夏が勝負だ」と言いました。その日から私は勉強に集中するようになりました。
本番をむかえた時、夏の自分を後悔しないような努力をしてください。本番はすぐに来ます。夏の努力は絶対に無駄にはなりません。どうか自分を信じてがんばってください。

正直、この生徒の受験は楽なものではありませんでした。しかし、最終的に第1志望に合格できたのは、間違いなく夏の努力があったからだと思います。夏が終わったとき、あなたがあなたの夏を誇りに思えるような人になっていてほしいです。

カテゴリーNEWS