字は体(たい)を表す?(小学:塾だより7-8月号)

突然(とつぜん)ですが、今からあなたの性格(せいかく)診断(しんだん)をしてみようと思います。

いつも書いているように、「口」という漢字を書いて下さい。……書けましたか? では、診断しましょう。ポイントは、左上と右上の2つの角、つまり1画目と2画目に書き方にあります。あなたの「口」は、次の①~④のうち、どれにあてはまりますか。

① 左上の角がくっついていて、右上の角がとがっている

② 左上の角がくっついていて、右上の角が丸まっている

③ 左上の角がはなれていて、右上の角がとがっている

④ 左上の角がはなれていて、右上の角が丸まっている

①のような「口」を書く人は、教わったとおりの書き方を守る、几帳面(きちょうめん)でルールに忠実(ちゅうじつ)な、まじめなタイプが多いそうです。

②のような「口」を書く人は、自分の意志(いし)がはっきりしていて、ややわがままな面もあるようですが、大胆(だいたん)なことができるタイプだそうです。

③のような「口」を書く人は、考え方はさばけていてこだわりませんが、行動は慎重(しんちょう)で、はめをはずさないタイプが多いようです。

④のような「口」を書く人は、細かいことにこだわらず、ものごとの変化(へんか)に要領(ようりょう)よく対応(たいおう)することのできるタイプだそうです。

この性格診断は、「日本筆跡(ひっせき)心理学協会(きょうかい)」という団体(だんたい)によるものです。この団体は、「筆跡心理学」という、筆跡から書き手の性格を解明(かいめい)する学問を研究しているそうです。ふだん何の気なしに書いている文字が、性格の診断に使われているなんて、ちょっとおどろきですよね。

筆跡による性格診断がどれほど信頼(しんらい)できるものかはわかりません。しかし、筆跡心理学を学んでいる人でなくても、「字で人を判断(はんだん)する」ということは、多くの人が日常的(にちじょうてき)に行っていることではないかと思います。「自分は字なんかで人を判断しない!」と思う人もいるかもしれませんね。でも、本当にそうでしょうか。

たとえば、初(はじ)めて会った人が、あなたの目の前で、とても美しい文字を書いたとします。その人がどんな人なのか全く知らなくても、その文字を見ただけで、「しっかりしていそうだな」「頭がよさそうだな」などと、無意識(むいしき)のうちに想像(そうぞう)をふくらませてしまうことはありませんか。日本には、書道や習字という文化が根づいており、文字の美しさに価値(かち)を見いだす人が大勢(おおぜい)います。そういった環境(かんきょう)で生活しているわけですから、当然(とうぜん)といえば当然のことです。

つまり裏(うら)を返せば、乱雑(らんざつ)な字を書く人は、それだけで「いいかげんな人なのかな」と思われてしまう可能性(かのうせい)があるということです。あなたはふだん、どんな気持ちで文字を書いていますか。「読めればいい」などと考えて、他の人には暗号にしか見えないような、きたない文字を書いてはいませんか。だとしたら、それはとても危険(きけん)なことです。あなたが何気(なにげ)なく書いたフニャフニャの文字を見て、だれかが内心、「こんなフニャフニャの字を書くなんて……きっと中身もフニャフニャで、根性(こんじょう)のない人なのだろう」なんて思っているかもしれません。「本気出せばきれいに書けるもん」という言(い)い訳(わけ)をよく耳にしますが、文字を書きなぐるクセがついてしまうと、いつのまにか、そういう文字しか書けなくなってしまいますよ!

「名は体(たい)を表す」という言葉は、みなさんも聞いたことがあるでしょう。これは、「名前はその物や人の性質(せいしつ)・実体をよく表すものだ」という意味の、昔からあることわざですが、近頃(ちかごろ)では「字は体を表す」という言葉も定着しつつあるようです。「あなたの書く文字は、あなたの性格をよく表していますね」と言われたら、あなたはどう感じるでしょう。「いやだな」と思いますか? それとも、「そうでしょう!」と胸(むね)を張(は)れますか? 自分の文字に自信(じしん)を持てるよう、日頃(ひごろ)から美しい文字を書くことを心がけたいですね。

カテゴリーNEWS