みずから立てた目標(小学生:塾だより9-10月号)

 みずから立てた目標に向かって勉強している子どもは、学習時間が長い!?

漢検や英検、計算コンクール・社会科コンクールなど、さまざまなイベントの準備(じゅんび)勉強を行うなかで、目標を立てて取りくむことは、とても大切なこころがけです。
まず、漢検や英検などの検定では、練習をつみ重ねるなかで自分自身の目標点を決めていきます。検定には合格点がありますが、それは第1目標であり通過点(つうかてん)に過(す)ぎないので、自分自身が納得(なっとく)できるレベルの目標点を第2・第3目標と立てて順(じゅん)にクリア(目標を達成(たっせい))していきます。確実(かくじつ)にレベルアップするためには、練習をつみ重ねながら、できなかった部分をそのつどきちんとやり直しをすることも欠(か)かせません。
つぎに、目標をクリアするためには、それなりの学習時間が必要(ひつよう)です。あたえられた分量(ぶんりょう)(課題(かだい))をやりきるためには、学習を第一優先(ゆうせん)にして取りくむぞという心構(がま)えも大切になってきます。課題をじゅうぶんにやりきったならば、結果(けっか)はあとからついてきます。

<保護者の皆様へ>
資料からは、『親子で将来や進路について話している子どものほうが、小学校低学年においてさえ学習時間が長い』という傾向が見られるようです。
子どもの将来の目標イメージを描く手助けとして、親子で「将来や進路について、楽しく話をする」ことは、どの学年の子どもにとっても学習意欲を高めるために大切なはたらきかけであり、中学生になるまで待つ必要はないといえるようです。
わたしたち塾教師も、授業を通して子どもたちへのはたらきかけの大切さを日々実感しております。加えて、漢字能力検定・英語検定をはじめ各種イベントという実践を通して、子どもたちの成長のお役にたてるよう努めていきたいと願っております。

カテゴリーNEWS