苦手教科の克服を(中1中2:塾だより9-10月号)

わたしの夏は明日も続く
やっと夏期講習が終わりました。部活の合間に塾の授業があり、家に帰ってきてから夏期プリントや宿題をやる。学校の宿題もあって大変でしたね。でも、すぐに定期テストがあり、その対策が8月末から続いているので、9月になっても夏期講習が続いているかのようでした。その努力が報われ、テスト結果がよくなることを願っています。
さて、とても忙しく過ごした夏期講習。勉強する内容がどんどん難しくなってきました。中1の数学では方程式の文章題に悩みましたね。式を立てるのが難しかったですよね。英語はbe動詞に一般動詞、おまけに三単元のSなどというものまで出てきました。覚える単語も増えてきました。きちんと整理しないとわけがわからなくなります。中2では、数学の1次関数でとまどったのではないでしょうか。「比例の続きか」と思ってなめてかかると大変です。複雑な解き方をする問題までありました。英語の不定詞。同じ形をしているのに意味が異なるなんてびっくり。これらの単元は後期の中間テストに出ますので、手を抜くことはできません。
この講習で、9月以降に学校で勉強する内容がとても難しくなるということを実感したのではないでしょうか。特に、英語・数学は積み重ねの教科ですから、ここでわからなくなると、この先とても苦労することになります。理科・社会も情報量がとても多くて、覚えきれないかもしれません。
そこで、苦手な教科をつくらないための勉強をしましょう。

復習を
学校の定期テストが終わったこの時期は、次の定期テストと模試に向けた復習をする絶好の期間です。短期間に集中してやると効果が上がります。まずは、復習専用のノートを用意しましょう。そこに、「新演習」や「必修テキスト」で、夏期講習にやった単元の問題を解いてみてください。すべてやるのではなく、よくわからなかった問題、悩んだ問題などを選んで解いてみましょう。苦手な教科1つに絞ってもよいでしょう。理解できなかった問題も、後からもう一度やり直すと解けるようになることがよくあります。それは、問題を解くヒントや方法を思い出したりするからです。繰り返しやっていくと、出題されるパターンが見つかったりします。方程式の文章題などはそれにあたります。式の立て方が一定になっていることがわかります。こうなると理解したのと同じこととなります。英語の動詞の使い方や不定詞の用法の違いなどを理解することも同様です。繰り返しが知識定着の第一歩となります。そのためにもノートをいっぱい使ってください。手を動かすことで理解が進むこともあります。

模試を活用
次の10月模試の出題予定表を見てください。夏期講習でやった範囲がたくさん出題されます。夏期講習の復習をすることは、模試の成績アップにもつながります。そこで、塾でよくある会話
生徒:先生、次の模試の理科の得点を上げたいですが。
先生:理科のどこが苦手なの?
生徒:全部。
これだと理科を1からやり直さなければなりません。理科でもできる単元とできない単元があるはずです。また、人によってレベルが異なります。基礎ができない人が難しい問題を解こうとしてもなかなかできません。基礎ができている人がやさしい問題ばかりやっても効率が悪いように思われます。
そこで、8月模試の結果表をよく見てみましょう。得点や偏差値に目が行きがちですが、右側にある「塾内正答率」や「通過率」が示してあるところを見てください。そこにはあなたの苦手な教科や単元を発見するヒントが表されています。(くわしい見方は塾の先生に聞いてみてください。)それに沿った勉強方法を見つけてください。

皆さんが受験するときの公立高校入試は一発勝負となります。中1から中3までの学校の成績を示す内申点と入試の得点で合格・不合格が決まります。どちらもよい成績をとりたいです。内申点は定期テストの成績が最も重視されます。入試は総合問題、模試と同じ形式です。今から練習として模試の成績も上げておきたいものです。特に、中2のみなさん、志望校判定は気になるところですよね。2つの成績を上げるためにも復習をする習慣をつけるとよいでしょう。
苦手教科の克服は今からでも十分に間に合います。もし悩んだり、迷ったりしたら、塾の先生に相談してみてください。何をどうやればよいか教えてくれるはずです。君たちにぴったり合ったプリントがもらえるかもしれません。そうなったら、LUCKY!

カテゴリーNEWS