間違い直しをしっかりやろう(中学:塾だより9-10月号)

みなさん、宿題の間違い直しをちゃんとしているでしょうか。宿題は、問題を解いて終わりではありません。丸つけをして終わりではありません。ちゃんと間違い直しまでやって、どこをどう間違えたのかを確認しましょう。そうは言っても、夏休み中は、毎日のように講習授業がありましたし、部活動などもあって、忙しくてそこまで手が回らなかった人も多いかと思います。そういう人は、しばらく間があいてしまっても大丈夫ですので、定期試験が終わった後などに、以前できなかった宿題の問題をもう一度解いてみるといいでしょう。そして、どうしてもわからない問題があった場合は、必ず塾の先生に質問してください。
模擬試験がありましたので、答案が返ってきたら、必ず見直しをしてください。また、夏期講習では、頑張って夏期プリントを提出していたと思いますが、もし今、夏期プリントが採点されたそのままの状態で家に置いてあったら、すぐに間違い直しをしてください。自分がどの単元が苦手なのかが、はっきりわかります。それを、苦手単元克服のための手がかりにしてみるといいでしょう。
きちんと“直し”を続けていたら、次に同じような問題がでてきた時に、解けるようになっています。できなかった問題ができるようになるのは、学習の大きな喜びです。そして、それを成長と呼ぶのだと思います。
かつてやった講習プリントや、模擬試験の答案や、テキスト(ノート)には、自分ができなかった問題が、わかりやすく目に見える形であります。新しいテキストを買わなくたって、みなさんを成長させてくれる“宝物”は、すぐそばにあるのです。もし、そんな“宝物”を部屋の片隅に捨てるように置いてあったらとしたら、もったいないとしか言いようがありません。みなさん、間違い直しをしっかりやって、充実の秋にしてください。

カテゴリーNEWS