後半戦スタート(中学:塾だより9-10月号)

夏休みも終わり、1週間が経ちました。休み明けすぐに定期テストがあったり、合唱コンクールがあったりと、何かとバタバタしてリズムを崩しやすい時期でもあります。
気を引き締め直して後半戦を迎えたいところです。ここでは各学年で気を付けるべきポイントに触れながら話をしてきたいと思います。

【中3】得点力を上げていく(実践問題練習)
今年の夏休みは講習授業と夏期プリント等の課題に追われ、忙しくも充実した休みになったのではないでしょうか。
ただ一方、知識を詰め込むことに手一杯で、若干、消化不良気味になっている生徒もいるのではないかと思います。今後はこれまでに詰め込んだ知識を一つずつ整理し、すぐに取り出せる状態までもっていく必要があります。
9月、10月、12月と模擬テストもありますし、入試過去問を解く機会も増えてきます。実戦形式の総合問題演習を通じ、得点力アップを図ります。
今後の勉強は穴をつぶしていく作業が中心になります。“間違えたところを確認して、次は解けるようにしていく”、という単調な作業の繰り返しですが、それをおろそかにしてしまうと、“勉強はしているけど、なかなか成績が上がっていかない。”という事態に陥ってしまいます。今まで以上に丁寧に学習をしていくことが不可欠です。

【中2】受験生への足がかり
受験勉強は早く始めるに越したことはありません。受験への第一歩は、自分が受験生であるという自覚を持つことだと思います。現時点では、自分があと1年半後に入試を受けないといけないことは頭では理解しつつも、どこか他人事のように思っている人が大半だと思います。それを少しずつ自分事として受け入れていきましょう。
まずは高校入試についての情報を増やしていきましょう。実際に自分が興味を持った高校に足を運んでみるのが一番です。秋に文化祭を行う高校も結構あります。3年生になると受験勉強で忙しく、時間がとりにくくなります。来年でいいやと思っていると直前で慌てることにもなりかねないので、比較的余裕のある2年のうちにいろいろな高校を見学しておくと選択肢も広がっていきます。
例えば部活の先輩など、3年生に知り合いがいれば、実際の受験勉強の様子などの話を聞いてみるのもいいでしょう。ときにアドバイスをもらえたり刺激を受けたりすることがあるはずです。
また、10月6日(日)には、イオン稲毛店の文化ホールで、千葉進研主催の高校説明会も開催されます。メインは中3の生徒と保護者が対象ですが、中2以下の生徒・保護者も希望があれば参加可能です。複数の高校の話を1日でまとめて聞けるチャンスですので、興味がある人は是非足を運んでみてください。

【中1】いろんなことにチャレンジをする
中1の生徒たちにとって、おそらく夏休み前は、慣れない中学校生活でめまぐるしく過ぎていっただろうと思います。宿題や部活など、目の前のことをこなすことで精一杯だったのではないでしょうか。でも後半になると、少しずつリズムがつかめてきて、余裕も生まれてくるはずです。そこで生まれた余力を無駄にすることなく、もう一段ギアを上げるのに使いたいところです。
英検や漢検などの各種検定試験にチャレンジするのもおすすめです。例えば英検は6月、10月、1月と年3回の受験機会があります。6月は学校の定期試験時期と重なり、また体育祭などの学校行事も多く、時間がとりにくいのですが、10月、1月はそういったことも少なくねらい目です。まだ受けたことがないという人は積極的に受けるようにしましょう。

何をするにも日々の積み重ねが大切です。日々の忙しさに流されて何となく過ごしてしまうと、1年間はあっという間です。しっかりと目標を定め、一歩一歩着実に歩みを進めていきましょう。

カテゴリーNEWS