英検合格に向けて(小学:塾だより11-12月号)

英語と過(す)ごす毎日、それが君を強くする

 「英検」って何?

「英検」とは、1年で230万人が受験する、日本で最も大きな英語の試験のひとつです。6月10月1月と年に3回あり、塾で英語を習っている人は、1月に多くの小学校6年生が主に5級と4級にチャレンジします。(小学校5年生で5級を受ける人もいるかもしれませんね)

英検は、問題のレベルによって、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級、と級がわかれています。5級は中学1年生レベル、4級は中学2年生レベルです。「ぼくは小学生なのに、中学生の問題をやって合格できるの?」と思いましたか?・・・答えは、YESです。塾(じゅく)でも英検対策の授業(じゅぎょう)がたくさんありますが、それ以外にどんなことに気をつけて勉強すれば合格できるのか、アドバイスを書いていきます。

単語を覚えないのは、裸足(はだし)でサッカーをするのと同じ

ますはじめに、とにかく単語を覚えましょう。英単語は、サッカーで言うならボール、スパイク、ユニフォームのようなものです。ボール、スパイク、ユニフォームが無い人が「サッカーが上手になりたい」と言ってもむずかしいと思いませんか。(練習にも参加させてもらえないかもしれませんね。)それと同じで、英単語を覚えないで英検に合格することはとてもむずかしいと思います。塾で単語テストがあるなら「かならず絶対(ぜったい)毎回合格」です。

週1回の2時間より毎日の15分

英単語は1日、2日で一気に覚えてはいけません。それはスポンジを水にひたすのと同じです。水がしみたスポンジをギュッとすれば水はすぐに流れていきますね。つまり、一気に覚えたものはすぐに忘(わす)れてしまうのです。単語を覚えるときは1日10個(こ)ぐらいで良いです。「え、そんなに少なくていいの?」と思いましたか?しかしその代わり、毎日、単語の練習を欠かさないことが大切です。「週1回の2時間より毎日の15分」を大切にして下さい。

過去(かこ)に学び未来に生かす

単語を覚えたら、過去(かこ)問(もん)(過去の英検の問題)をたくさんやることも大切です。特に英検5級と4級は、ここ何年も問題の出し方が大きく変わっていません。また、過去に出たものとほとんど同じ問題が出ることもあります。また過去問を解(と)いたら、それと同じくらいの時間、解答(かいとう)・解説(かいせつ)をじっくり見ることも大切です。「できなかったものをできるようにする」これが、点数がのびるただひとつの方法です。

英語と過(す)ごす毎日が君を強くする

これを読んでいるほとんどの人は、きっと日本で暮(く)らし、日本語を話せれば日々の生活で困(こま)ることはないでしょう。それだけに、意識(いしき)して生活の中に英語を取り入れなければ、英語(やその他の外国語)をすぐに忘れてしまいます。英検の勉強も同じです。異国(いこく)の言葉を勉強するのです。とにかく毎日、単語でも過去問でも何でも、英語にふれる日を増(ふ)やして下さい。これは、英語以外の外国語を勉強するときも同じです。英検合格、そしてこれから先も英語をがんばっていくために、「英語と過ごす毎日」を今日から始めてみませんか?

カテゴリーNEWS