冬期講習について(小学:塾だより11-12月号)

 みなさん、漢字検定おつかれさまでした。この検定に向けてたくさん練習してくれたと思います。みなさんの努力が良い結果につながると信じています。

 さて少し気の早い話ではありますが、小学生は1226日から冬期講習が始まります。(※一部の教室で日程が異なる場合がございます。詳細は各教室にお問い合わせください。)今年度も半分が過ぎ、そろそろまとめの時期に入ってきます。この冬期講習をうまく活用して苦手な所を克服しましょう。

 冬期講習でも夏期講習と同じように冬期プリントがあります。夏期講習に参加した生徒は知っているとは思いますが、この冬期プリントは、いろいろな単元がまとめられた課題プリントで、塾に来るたびに提出してもらい合計得点をみんなで競うようになっています。また、分からない問題は教科書などで調べてもOKとなっていますので、どんどん調べて高得点をねらいましょう。冬期講習は夏期講習と比べると日数が短いので、夏期講習よりは落ち着いてプリントができると思います。しっかりと分からない所を調べたり、まちがった所を解き直したりして、自分のものにしましょう。

 また年が明けて1月には模擬試験があります。この模擬試験に向けて苦手な所を復習してみてはどうでしょうか。お兄さんやお姉さんがいる方は知っているとは思いますが、中学生になると定期試験というテストが年に45回あります。中学校の定期試験は小学校の時のテストとちがってかなり範囲が広く、しっかり準備をしないと良い点は取れません。テストの前にしっかり準備をする習慣を小学生のうちにつけることができると、勉強の手ごたえも今までとちがってくるはずです。

カテゴリーNEWS