1・2年生に(塾だより11-12月号)

今、中3生は一生懸命受験勉強をしています。自習をしたり質問したりとこれまでよりさらに努力しているでしょう。1年生、2年生のみなさんもその姿を目にしていると思いますが、どう感じるでしょうか。「すごいな、自分も頑張らなければ」と思ってほしいところですが、実際は「まだまだ先の話だし」と他人事のように眺めているかもしれません。あるいは特に2年生は、もうすぐ自分もそうなるのだと思うと考えたくなくて目をそらしたい気持ちかもしれません。しかし、目をそらしたところで受験は必ずやってきますし、本当に「先の話」なのでしょうか。今、まだまだ1年(2年)あるしと思っている人は少し危険です。その考え方は時間が進むにつれて「まだ1年あるし」から「夏から始めれば半年あるから大丈夫」「3か月めいっぱい頑張ればなんとかなる」「今日一日はいいだろう」と結局どんどんずれこんでいってしまうおそれがあります。同じような思考の流れで例えば夏休みの宿題を終えられなかった経験はありませんか。夏休みの宿題でなくとも同様の経験をしたことがある人がいるのではないでしょうか。宿題であれば間に合わなくて提出できなかったといってもそこまで重大な結果にはならなかったかもしれませんが、受験勉強の場合でいう「間に合わない」というのは、不合格という自分のその後に関わる極めて大きなものを意味します。そしてそれは「一生懸命やったけれど届かなかった」ではありません。「届くかもしれなかったけれどやらなかった結果ダメだった」であり、または「そもそも挑戦すらしなかった」ということです。これは後悔します。せっかく自分の力で自分の人生を決めることができるかもしれないチャンスなのですから、なるべく後悔のない受験にしたいと思いませんか。大事なことはじつは受験勉強はすでに始まっているということです。みなさんの日々の勉強は受験につながっています。その意識をもつことです。普段やっているのは定期テストの勉強であり、模試のための勉強であり、明日の小テストのための勉強であり、同時に受験のための勉強です。だからていねいにやってください。宿題は終わらせるのを目的にやらないでください。授業も身につけようという姿勢でのぞんでください。そして定期テストや小テストが終わっても忘れない準備の仕方や工夫をしましょう。それが、みなさんが今できる(やっている)受験勉強です。

受験勉強をなんだか正体のわからない大変そうなものと思うとなかなか始められなくてあとまわしにしたくなるかもしれません。確かにやることも多くて大変です。でも上の夏休みの宿題の例でいうと、大変そうだった宿題も始めてしまいさえすればそのあとは頑張れたということもあるのではないでしょうか。受験勉強もまずは普段やっていることを見直して、いつもの勉強を、受験を意識しながら頑張るということから始めてみてはどうですか。来年の勉強のよい足がかりになるでしょう。

カテゴリーNEWS