「入試直前の勉強法」(中3:塾だより1-2月号)

いよいよ受験が迫ってきました。頑張らねば!と燃えている人も多いと思います。そこで今回は、そんなみなさんのために、この時期の効果的な勉強法をお伝えしたいと思います。

1、総合問題を解く

受験では当然中学3年分の内容が出ます。しかし、1年生の内容から教科書にそって一つ一つ問題を解く時間的余裕はとてもありません。そこで、『全国高校入試問題正解(電話帳)』に代表されるような総合問題をどんどん解きましょう。総合問題の利点は、一度に幅広い分野を見られるので、苦手の発見に便利です。まずは自分ができないところを見つけましょう。なお、『電話帳』のようなテスト形式の問題を解くときは、キッチンタイマー等で時間を計り、時間内で解き終えることを意識しましょう。そうすることで試験時の時間配分のテクニックも身につけることができます。

2、質問を必ずする

次に苦手分野を発見したらどうするか。当然その苦手分野をつぶします。そこでかかせないのが『質問』することです。苦手なわけですから、自分一人の力で簡単に解決できるほど甘くはありません。まずは塾の先生に質問をしてみましょう。質問をし、考え方やテクニックを再度覚え直しましょう。さらに解説も必ず熟読しましょう。解説には実は色々な情報が載っています。解き方以外にも使える公式やテクニック、物によっては類題なども載っています。これを活用しないのはもったいないです。苦手だからこそ時間をかけてじっくり読む!これが大事であることを忘れないで下さい。

3、間違えた問題は必ず後日解き直す。

そして最後のポイントが『問題をできるようになるまで解き直す』ということです。質問などでその場では理解しても、自分で再度解き直しをしないとなかなか自分の身にはつきません。わかったつもりだったのに気づいたら忘れてしまっている、なんてことがとても多いです。そこで必ず同じ問題、または類題を後日解き直すようにしましょう。問題が乏しい場合は塾の先生にお願いして、プリント等を作ってもらいましょう。できない問題をできるようにすることが成績をあげる一番の近道であることを忘れないで下さい。

以上、この時期の勉強法を簡単にお話しました。もう受験まであとわずかです。誰もが勉強をしだすこの時期だからこそ、正しい勉強法で効率よく勉強することが大事です。志望校合格を目指し、しっかり頑張っていきましょう。

カテゴリーNEWS