中学校生活で1番充実した 1年にする方法!(中2:塾だより3-4月号)

中学2年生になりましたね。
後輩が出来る気持ちはどうでしょうか?
そう、とうとう君たちも「先輩」と呼ばれるようになります。後輩から「先輩」と呼ばれるにふさわしい中学2年生でありたいですよね?
タイトルにあるように、中学校生活で1番充実した1年にしたいですよね?今回の塾だよりでは、充実した中学2年生になれるよう、いくつかアドバイスをしたいと思います。

① 目標を立て、その目標を常に意識し、振り返り、努力する!
努力する、と聞くと、ちょっとなぁ……としり込みする人もいるかと思います。そんな人は尊敬する先輩を思い出してみて下さい。その先輩は一生懸命努力していませんでしたか? 努力する姿がかっこいいとは思いませんでしたか?
中学2年生になると、頑張るのがかっこ悪いと勘違いする人が出てきやすいです。けれども、精一杯頑張ることは、むしろとてもかっこいいことです。そして、努力するには目標が必要です。ゴール=目標 がないまま走る長距離走=勉強 ほどつらいものはありません。しっかりと目標を見据え、頑張ってみましょう。きっとその努力は実ると思います。目指せ、かっこいい先輩!

② 高校受験を意識する!
中学2年生になったばかりで、受験の話? と思う人もいるでしょう。ですが、受験は既に中学1年生から始まっています。そう、学校成績=内申点 です。これが高校受験に使われます。既に3年間のうちの1年生分は確定していまいました。これは今からどう頑張っても変えられません。ですが、中学2年生、中学3年生の成績はこれからの頑張りでいくらでも伸ばすことができます。
まだまだ先だと思っている高校受験ですが、受験生がよく言うセリフが「中学2年生のときに頑張っておけばよかった」「もっと内申点取れるよう頑張っておけばよかった」です。まさしく、後悔先に立たず。
他の中学2年生はきっと受験なんて意識していません。だからこそ、中学2年生の春から高校受験を意識して、準備している人ほど来年の今頃は大きな「勉強の貯金」が出来ていると思います。

③ 千葉進研の先生にたくさん質問する!
塾に来て、先生と話していますか?テ スト前だけしか先生に質問していて、普段は全然質問していない人はいませんか?
今年からは、積極的に先生に質問してみましょう。中学1年生と比べると中学2年生の勉強は本当に難しいです。去年と同じ勉強方法だと上手くいかない事も出てくるかもしれません。そんな時は、千葉進研の先生に質問しましょう。
わからないところは聞く、当たり前のことですが意外と出来ない人は多いのです。先生に質問することでわからないところがわかるようになり、苦手な科目が得意科目になる人も出てくるでしょう。

中学校3年間のうちの1年が終わり、新たに2年目が始まりました。後輩ができ、環境も少し変化していくと思います。気持ちも新たに頑張ろうと思っている人ばかりだと思います。そんな頑張るみなさんを千葉進研の先生は応援しています。中学2年生の1年間が1番中学校生活で充実した年になるよう一緒に頑張りましょう!

カテゴリーNEWS