自宅学習術(中3:塾だより5-6月号)

1 今こそ大切な生活習慣と自宅学習が自然とできるようになる工夫
①『早寝・早起き・朝ごはん』
緊急事態宣言が長期化している今こそ、規則正しい生活習慣を『生活の土台』として大切に!
・「朝、決まった時間に起きる」「朝食を決まった時間に食べる」を実行し続けましょう。
・食事でからだのリズムを整えて、脳をより良くはたらける状態に維持しましょう。
②コロナ後に備えて、今できることに集中する環境を整える。
・まず、机の上によけいなもの、使わないものを置いておかない。
・掃除をして部屋をキレイにし、特に机の上には最小限のものを置いておく。
・マンガやゲームなど気が散るものは、視界に入らないようにする(部屋から片づける)。
・当分使う予定のない教材も、本棚に入れるなりして、視界から遠ざける。
・勉強中は、使う教材と筆記用具だけ机の上に置く。その教材だけに集中して勉強する。

③1・2年の復習をやるのは今だ!やったら質問を忘れずに!
・配布されたプリント類は、1・2年の復習が多いはずです。期限よりも早めに仕上げましょう。
・中3になって、成績の伸びが良かった先輩の多くは、今の時期からガンバリだしたのです。コロナ対策で、対面での質問はできなくても、わからないところの質問予約ならば可能です。
連絡をもらったあとに、先生の方から折り返し電話をして、きちんと対応することができます。
・成績を上げるためには、問題演習と併せて、質問がかかせません。成績を上げることに、今よりも少しだけよくばりになってください。

2その他の生活術
『これはやらないぞ!』と決めて、何かを切り捨てると、勉強の能率は上がってきます。
やらないぞと決めたものから、実行しましょう。
・ 勉強中は、携帯の電源は切るぞ。
・ 次の試験が終わるまでは、遊び道具やマンガ本は封印するぞ。
・ すわってなくてもできる勉強は、机ではやらないぞ。
~歩きながらやると、不思議と覚えられる場合がある。
(長時間座り続けるよりも、脳への刺激になるのでしょう)

カテゴリーNEWS