ピンチこそ、チャンス!!(中1中2:塾だより7-8月号)

 みなさん動画授業の視聴お疲れ様でした。とりあえず新型肺炎も一段落し、少しずつではありますが、これまでの生活に戻りつつあります。学校も徐々に始まりましたが、「定期テストはどうなるだろう。」とか「部活や大会はどうなるだろう。」などまだまだ不安なことや分からないことが山積みです。しかしその中で確実に言えることは「この2ヵ月間頑張ったみなさんは、他の中学生の子たちと比べて大きくリードしている。」ということです。

中学1年生のみなさんは、小学校の時と比べて大きく生活リズムが変わったり、部活が忙しかったり、勉強内容が難しくなったりと、毎年苦労される人がたくさんいます。中にはもうついていくことが無理だと、勉強を諦めてしまう人もいます。今年はこんな状況で中学校が長期間休校になってしまいましたが、逆に考えると塾でたくさん予習ができ、余裕をもって中学校生活を始めることができると言えます。また部活動も例年よりゆっくり始まっていくので、生活の変化にも慣れやすいと思います。

 中学2年生のみなさんも、新しい生活に慣れるのに苦労した去年と比べて、ここ数カ月は大分余裕があったと思います。今まで日々の生活や課題に追われてできなかったことを復習したり、新しいことに挑戦してみたりという人も多いと思います。また逆に生活リズムが崩れてしまった人は、規則正しい生活の重要性や塾などから出される課題の必要性が身にしみて分かってもらえたと思います。去年と比べて部活動も全体的に落ち着くと思うので、そこで生まれた余裕を勉強に向けてもらえたらなと思います。

 おそらくこれからも、色々な面で例年と違う動きを取らなければいけないというケースが出てくることでしょう。今までできていたことができなくなったり、制限されたりすることもあるでしょうが、それは皆同じですし、しょうがないことです。できなくなったことに不平不満を言うより、逆に何か新しくできることは無いか前向きに考えてみませんか。それはきっと周りの人たちにも、自分にとっても良い影響を与えることでしょう。

カテゴリーNEWS