夏のがんばりが受験を左右します(中3:塾だより7-8月号)

今年は新型コロナウィルスの影響で、年度初めに学校が長期間お休みになったかと思えば、夏休みが短くなることになりました。いつもと違う年に受験を迎えるため、3年生は少し不安に感じているのではないでしょうか。
この「少しの不安」は程よい緊張感につながり、勉強には良い影響をもたらします。受験への危機感は、適度にある分には、自分の味方となってくれます。

ただ、みなさんは学校がお休みだった間、何もしなかったわけではありませんね。学校と塾から出された課題をこなすことで、これまでの復習をかなりしたはずです。この「復習」は、実は受験勉強そのものなのです。受験勉強で実際にやることは、3年間の総復習と問題演習です。ですから、みなさんは、学校がお休みであることへの不安とともに危機感を持って受験勉強を春から始めたことになります。この点では、みなさんの先輩たちが受験生だったときと比べて、スタートが早かったと言えます。この点では安心してください。

また、授業進度に関してですが、この点でも大丈夫です。千葉進研では、例年の中学3年生と同じくらいの進度で進んでいます。つまり、例年の学校の進度よりもかなり早いペースです。しかも、夏期講習は例年よりも多い授業数で、十分に皆さんの受験をリードし、支えていきます。
 とはいえ、例年の夏休みは長く、先輩たちはこの期間にかなりの力をつけることができていました。今年は夏休みが短いため、みなさんには、学校がある期間にも夏期講習と受験勉強を頑張ってもらいたいと思います。そして夏休みにも、もちろんやり切りましょう。
やはり夏は受験のカギを握っています。この時期をどう過ごすかが、受験結果に大きく影響するのです。
適度な危機感を持ちつつ、一緒に頑張って、夢への階段を上りましょう。

カテゴリーNEWS