夏の受験生に向けて(中3:塾だより7-8月号)

今年は例年とはいろいろと違うスタートになってしまいました。これまでの生活をふりかえってみるとどうですか。自分は十分がんばってきたと思えるような過ごし方ができているでしょうか。見ていると、がんばれている人とそうでない人の差がますます大きくなってきている気がします。休校期間中にがつがつやってしっかり復習・予習できました! という声も多く聞こえる一方で、どうも身が入っていない人もいるようです。もちろん、今年に限らずなかなかエンジンがかからない人がいるのは事実ですが、それでも学校や定期テストがありましたし、周りからの刺激もあり勉強に取り組むことができていました。しかし、今年は集団での授業もなく、自習にくることもできないと、一人で勉強するしかないことが多く、十分に効果的に勉強できていない人もいるように感じます。これまでうまくできなかったという人は、特にこの夏しっかり気を引き締めて臨まなければ、希望の進路を実現することが難しくなってしまいます。もう時間もそれほど残されていませんから、時間の使い方や何をどう進めるかよく考えて、精いっぱいがんばってほしいと思います。
夏の間は3年生の勉強がもちろん最優先ですが、入試問題に向けて1・2年の内容の復習をしておきたいところです。今年は休校期間でかなり復習に力を入れた人が多いと思いますので、復習した内容を忘れないように、あるいは自分のものにするための勉強をしましょう。またあらためて昔の内容をながめると、ある程度勉強が進んだからこそ見えてくるものがあるかもしれません。定期的に見直してみるとよいでしょう。なにをどうすればよいかよくわからない人は、塾の先生に相談してください。また、勉強の質問も大歓迎です。英語の先生は常に生徒たちの英語を敬遠する気持ちを滅ぼしたいと画策していますし、数学の先生は隙あらば数学好き仲間にひきずりこみたいと思っています。塾の先生はみんな各教科のつらいところや楽しみ方をよく知っています。なんとかみなさんの力になりたいと願っています。先生の話に耳をかたむけてみてください。きっと、いろいろと得るものがあるだろうと思います。
これまで休みがあったぶん夏休みは短くなりました。つまりいうなれば、受験生の夏休みはすでに半分終わってしまったということです。もう夏はとっくに始まっていました。残りの夏をどう過ごすべきか後悔のないように取り組みましょう。そして、来年ふりかえったとき、「大変だったけどいい夏だったな」と思えるようにしてもらいたいと思います。

カテゴリーNEWS