夏休み明けの定期試験について(中学生:塾だより7-8月号)

前期期末試験・2学期中間試験をがんばろう

 夏休み明けには、前期期末試験や2学期中間試験が行われます。今年度2回目の定期試験のところもあれば、今回の新型コロナウイルスの影響で、今年度初めての定期試験の中学校もあります。いずれにしても、夏の頑張りで結果が大きく変わります。
 今年は、夏休み期間が短いです。「夏、頑張ろう」と言っても、短い夏休み期間だけ頑張るのではなくて、7月・8月トータルの頑張りが、9月以降の結果につながると思っておくと良いです。定期試験だけではなく、毎年、夏の頑張りで秋以降の飛躍する生徒がたくさんいます。千葉進研では、今年は短い夏休み期間以上の夏期講習期間を設けて、みなさんの学習をバックアップします。
 さて、定期試験は、とにかく「準備」が大事です。しっかりとした準備は、そう簡単にみなさんを裏切りません。逆に言うと、どんなに学力がある人でも、しっかり準備をしなければ、思うような結果がでないことがあります。間に合わないことがないよう、早めに準備しましょう。具体的には学校のワークをやるところから始まると思います。塾でもしっかり定期試験対策をします。できれば塾での対策が始まる時には、学校のワークの1回目は終わっている状態が望ましいです。しっかりとした準備は、自信につながります。自信を持って本番に臨めるよう、万全の「準備」をしてください。
 中3生は、内申点確保のためにも、残り少ない定期試験でしっかり結果をだしていく必要があります。公立入試はもちろんのこと、ほとんどの人が受けるであろう私立の併願推薦入試では、中3次の内申点が推薦基準になっている学校がほとんどです。もしかしたら、勉強に関していろいろ言い訳がしやすい状況かもしれませんが、千葉進研には、同じ条件の中しっかりやっている子もたくさんいますし、受験の時にあなたの受験校は言い訳を聞いてくれるわけではありません。夏の頑張りを、秋以降の飛躍につなげられるよう、ここが頑張りどころだと思ってください。そして、千葉進研では、本当の意味でみなさんが受験生になるよう、この夏、本気でみなさんの学習をバックアップしますので、ともに頑張りましょう。

カテゴリーNEWS