この時期に(中3:塾だより11-12月号)

この時期にやるべきこと3つ

1 理社の復習
私立高校が終わったら公立高校入試に向けて暗記教科の理社の猛勉強…これが一般的な作戦です。しかし,物事には限度があります。公立直前に理社のラストスパートをするには,冬を迎える前に理社をある程度仕上げておく必要があります。塾の宿題・課題以外で理社の学習をしたい場合は,塾のテキスト(例えば新演習)を活用することができます。すでに宿題で解いたページであっても,時間が経って忘れてしまっている問題があると思うので,再び解く意義はあります。
ただし,注意点が1つだけあります。それは「欲張りすぎないこと」です。たまに,塾生から「中3だけでなく中2以前の新演習や必修テキストもやった方がいいですか?」と相談されることがあります。欲張らずに苦手な単元だけに絞った方がいいです。「何をどのくらいやったらいいか?」の判断が中学生にとって難しいので,塾の先生に具体的なアドバイスを求めた方がいいと思います。

2 模試の解き直し
今まで塾の先生が色々な場面で「模試の解き直しが大事!」とアドバイスしてきたと思います。解き直しが大事であることは受験生にとって言うまでもないですが,とても大事なことなので書きました。12月のVもぎ以外にも,塾の授業中などに行うテスト演習も解き直しが命です。中学で実施される実力テストもそうです。
ただし,模試の解き直しの方法が分からない場合は,やはり塾の先生に具体的なアドバイスを求めた方がいいです。特に,数学は「難問・捨て問」が出ている可能性が高いので,上手に先生を活用しましょう。「捨て問」と言ってしまうと後ろ向きに感じられるかもしれませんが,入試とは「制限時間内にできるだけ多く点数を取る」競技なので,特に数学が苦手な人は理系の先生に頼った方がいいです。ちなみに,千葉県公立高校入試の数学では,正答率10%未満の難問が数問出ています。他教科のよりも難問が出題されやすいです。
人間は,過去の失敗から学ぶ生き物です。過去を振り返り,「二度と同じミスはしないぞ」と誓うことで成長していきます。特に,受験勉強については「二度と同じミスはしないぞ」の精神で一生懸命勉強すれば,必ず学力が上がります。

3 過去問演習
ここでは,「何をやるべきか」ではなく「何をやらない方がいいか」を説明します。…説明する前に一応くぎを刺しておきますが,別に過去問はどうでもいいと言いたいわけではありません。第1志望などの高校の過去問演習が命であることは言うまでもありません。
内申点で合否が決まる私立高校については,過去問を解く必要がないです。私立入試直前に1回分だけ解くのはメンタル的な意味でアリですが,当日の学力勝負「ではない」私立については必要以上に過去問演習をしない方が良いです。ただし,一部の私立では当日の得点で特進クラスの合否が決まるので,特進合格が欲しい場合は演習が必要です。あと,学力勝負の難関私立高校については,もちろん過去問演習が命です。

以上,「中3生がこの時期にやるべきこと3つ」を述べましたが,実は3つ目が「やるべきこと」ではなく「やらない方がいいこと」になっているのは見逃してください。

カテゴリーNEWS