模試について(中学:塾だより3-4月号)

 中学校では年に数回定期テストがありますが、塾でも定期的に塾内模擬試験が行われます。皆さんは模試をどう活用していますか。
点数や順位を前回と比べて喜んだり悲しんだりする人が多いと思います。しかし、「結果を確認したらそれで終わり」にしていませんか。結果が悪かった時、「勉強しないで受けたからしょうがない」と自分に言い訳していませんか。
新年度を迎えるにあたって、模試は何のために受けるのか、模試の前後に何をしたらよいのかをもう一度確認しておきましょう。

いつ行われるのか
中1・中2は、4月、6月、8月、10月、1月の年5回です。中3は、塾内で行う4月、5月、6月、8月、9月の5回に、「Vもぎ」という別の会場で受ける10月・12月の2回を加えた計7回あります。(2020年度の「Vもぎ」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、塾内で行いました)

何が出るのか
塾や学校でそれまでに学習した内容が出題されますが、学校の定期テストに比べて範囲が広くなります。また、習ってから時間が経った単元が出ることも多いです。中1では小学校の復習が出題されますし、中3の後半は総合問題になり、中学校の全学年の学習内容が問われます。
ですから、何も勉強しないで受けると、「あれ、これなんだっけ?」という問題に遭遇することでしょう。日々の授業を大切にすると同時に、範囲に設定されている分野を、「新演習」や「必修テキスト」などを使って復習したうえで臨む必要があります。
模試の詳しい範囲については、年度の最初に配られる範囲表を見てください。

何のためにやるのか
では、模試とは何のためにやるのでしょうか。模試には、実力を測ったり、クラス替えや志望校判定の指標にしたりするという役割がありますが、それだけではありません。
出来るところと出来ないところを明らかにして、その先の試験に活かすためにやっているのです。模試が返ってきたら、どこが出来てどこが間違ったかが分かります。必ず見直し、解き直しをしましょう。今後似たような問題が出た時に、確実に解けるようにするためです。「勘で適当に記号を書いたら当たった!」と得意げに話す人がいますが、喜んではいられません。実力で答えに辿り着けなければ意味がありません。
さきほど「その先の試験」と書きましたが、中学生のみなさんにとって「その先にある試験」とは何でしょうか。お分かりのように、中3で向き合わなければならない高校入試です。
高校入試は、中学校3年分の内容を理解し、その知識を使いこなせなければならない試験です。模試よりもっと大変ですね。そして、その時1回だけの勝負です。
その点、模試は、1度や2度失敗しても挽回できます。苦手な所ばかり出題されたり、時間配分に失敗したりすることもあるでしょう。そんな場合も、模試が終わった後に敗因を分析して次に臨めば、改善の糸口がつかめるはずです。模試は、来るべき高校入試に向けた訓練の場でもあるのです。
模試のたびに勉強をして臨み、返却されたら解き直しをする人と、ありのままの自分で受けて、結果を見て喜んだり落ち込んだりするだけの人。月日を重ねた時にどれだけの差がつくでしょう。
1年生や2年生の最初の頃は、いまひとつ模試には気持ちが向かないかもしれません。しかし、模試ひとつひとつをおろそかにせず、大切に活用し続けていくことが、高校入試での勝利へとつながっていくのです。

カテゴリーNEWS