小学生:冬期講習

冬期講習に向けて(塾だより11-12月号)

 

12月23日から1月5日の期間で冬期講習(こうしゅう)が行われます。小学生の授業(じゅぎょう)日や教科、また授業の時間帯は各教室によって異(こと)なります。みなさんが通う教室の予定表で確認(かくにん)をしてください。

 

冬期講習は、いつのも授業とは違い、毎日授業があります。もちろん、教科ごとの宿題も出されます。その宿題を翌日(よくじつ)までにやらなければいけません。さらに、冬期プリントがあります。大変だと思うかもしれません。しかし、みなさんは、ふだんは小学校で授業を受けて、さらに塾(じゅく)に来て授業を受けて、宿題もやるという生活をしています。それと比(くら)べれば、1日の勉強時間は短いはずです。ですから、千葉進研に通うみなさんなら、そんなに大変なことではないと思います。そして、この冬期講習を有意義(ゆういぎ)なものにするために何か1つ学習にかかわる目標をつくりましょう。たとえば、「国語の小テストは全部満点をとる」とか、「全教科の小テストで合格をする」とか、「冬期プリントで1位をとる」など、どんなことでもかまいません。目標をきめたら、それを達成できるように目標を毎日意識(いしき)して努力しましょう。

 

次に冬期プリントについて少し説明します。冬期プリントは、今までに習ったところの復習プリントです。テスト形式になっています。これを毎日提出(ていしゅつ)し、帰りに採点(さいてん)され返されます。毎回満点を目指しがんばりましょう。やり方は、まずテストのつもりでやります。そのあとで、わからなかったところは調べてください。そして、採点されて返されたプリントでまちがえた問題をもう一度やり直してみましょう。そこでもまちがえてしまったり、やり方がわからなかったりした問題は、担当(たんとう)の先生に質問(しつもん)をしましょう。そうすることで、より理解(りかい)が深まります。
最後に。冬期講習中は、夏期講習に比べると日数は短いですが、寒さなどで体調をくずしやすい時期です。欠席をしないように体調には十分に気をつけましょう。そして、よい新年をむかえましょう。

カテゴリーNEWS