保護者個人面接に関して

ご家庭と塾、双方が目標を共有するために(塾だより9-10月号)

 

初秋の候、保護者の皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。また、日ごろから当塾の指導にご理解並びにご協力を賜り、誠にありがとうございます。各教室においては、漢字検定がせまる小学生、定期試験に取り組む中学校1、2年生、夏期講習を経て本格的に受験モードに入った中学校3年生の指導が本格化しており、塾としてはまさに「実りの秋」という季節になってまいりました。

 

さて、千葉進研では10月から11月の期間に、保護者個人面接を行っております。各クラスの担任が、お子様の日々のご様子や、今後の指導や進路などの方針について保護者の皆様と個別にお話させて頂きます。日程に関しましては、最初はこちらで割り振って決めさせていただきますが、ご都合が合わない場合、各担任と相談の上で変更することができます。変更可能な時間帯は、各教室、各担任によって異なりますので、変更希望の方は必ず教室までお問い合わせ下さい。学年ごとの主な概要を下記にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 

小学生
眼前の目標である漢字検定を中心に、日々の学習指導や学習習慣などについてお話させて頂きます。特に小学生については、「宿題のやり方」、「日々の勉強の仕方」、「間違い直しのやり方」など、将来の礎となる学習習慣を築いていくにあたって、ご家庭と塾との連携が欠かせません。

 

中1・中2
定期試験や模擬試験の成績などについて、お子様の現状をお伝えするとともに、ご家庭での学習状況もお伺いさせて頂き、それを踏まえて今後の学習方法について塾からアドバイスさせていただきます。また、それ以外にも、中1であれば小学校から中学校の環境の変化、日々の学校生活や部活動のこと、中2であればそれに加えて今後の進路のことなど、面談の内容は多岐に渡ります。

 

中3
9月の保護者会全体会(進路指導説明会)でお話できない、個別の受験プランについて詳細を詰めていきます。近年は、千葉県内の公立私立に留まらず、都内私立、県外私立、国立、高専など、様々な受験プランをご希望される方も増えてきています。この面接をきっかけにして、ご家庭、塾、そして生徒ご本人の三者が、同じ目標に向かって進んでいけるようになることが目的です。各担任が、現状の成績を過去の実績などと照らし合わせ、志望校や受験プランについて具体的にアドバイスさせて頂きます。特に、私立高校の併願に関しては、事前に塾で作戦を詰めてから、中学校の進路面談を行うのがスムーズです。塾の面接ができるだけ学校の進路面談より前に行われるよう、各担任にご相談下さい。

 

お子様の学校での様子、ご家庭の様子、そして学校でも家庭でもない「第3の場所」である塾での様子、この3つが必ずしも一致するわけではありません。その情報交換の場として、日ごろの様子をお話して頂ければと思います。我々教師一同にとっても、ただこちらから学習のアドバイスをさせて頂くだけではなく、日ごろの様子やご家庭での学習状況などをお聞きすることは、今後の指導にとって非常に有意義です。
この保護者個人面接を通じて、塾とご家庭の双方の情報交換を密にすることで、よりご家庭の期待に添える指導を目指してまいります。

カテゴリーNEWS