中3:志望校

志望校の決め方について(塾だより9-10月号)

 

中3生のみなさん、長かった夏期講習は充実していましたか。いよいよ志望校を決定する時期になりました。みなさんの人生の中で、大事な3年間、通う事になる学校です。どうか納得のいく志望校選びをして欲しいと思います。

 

1.初めに
志望校とは、自分の行きたい学校です。家族でよく話し合い、最後は自分で決めましょう。まだ時間はありますので、現在の成績だけみて、もう無理だと諦める必要はありません。ただし、あまりにレベルが違い過ぎる学校だと、合格できない可能性も当然ながら高くなります。これから先、まだまだ学力は伸びていきますので、一般的には“今の自分より少し上”の学校の中から選ぶのが、頑張りが効いて良いです。

 

2.大学への進学実績
大事な3年間通う高校ですが、多くの生徒はその先に、これまた大きな岐路になる大学進学を控えています。実際に、先輩たちがどこの大学に進学しているのかは、志望校を決める上でも、重要な要素になります。同時に、どのようなカリキュラムなのか、大学進学に向けてどのような取り組みをしているのかも、チェックしてください。

 

3.その他
内申点や、部活動や校風、試験日程、学費、交通の便など、他にも検討する要素があります。特に内申点は、公立だと合否、私立だと推薦の基準に関わる部分ですので、とても重要です。多くの生徒は、夏休み期間中、学校説明会に参加したと思いますが、まだ行ってない人は、良いきっかけになりますので、学校説明会に積極的に参加してください。また、千葉進研主催の「進学説明会」を10月1日(日)に実施いたしますので、ぜひ参加して参考にしてください。

 

4.最後に
ご家族で、納得いくまでとことん話し合ってみてください。さらに、塾の先生にも相談してみてください。いよいよみんなが受験生らしくなってきたと思います。これから先、不安になることもあるでしょう。大丈夫です。千葉進研の先生は、みなさんにきちんと寄り添います。まずは志望校を決めてください。納得するまで考えて、志望校を決めた人は、頑張れます。

カテゴリーNEWS