中学生:これまでで

「これまでで一番」がんばった夏にしよう(塾だより7-8月号)

 

間もなく皆お待ちかねの夏休みが来ます。遊びや部活、いろいろと予定もあることでしょうが、もちろん勉強のことも忘れてはいけません。塾の夏期講習は大事な単元を扱う時期でもあります。「部活だけ」や「遊びだけ」にならないようにしっかり勉強して周りの同級生たちに差をつけましょう。また、勉強にも全力を傾けることは遊びや部活をさらに充実させます。これまでの約半年を振りかえってみて「もっとやれた」と思う人は、せっかくの夏休みですからすべてのことにこれ以上ないほど頑張ってみてはどうでしょうか。特に、「そうはいっても…」と思っている人、やる前から限界を決めつけていませんか。まず行動してみてください。きっと自分の限界は自分が思っているよりもっともっと高いところにありますよ。

 

さて、夏休みには夏期プリントが毎日宿題として出ます。内容は復習がメインです。これまで学習した内容を見直し、固める手助けをしてくれるのです。こんないいものを大事にしない手はないですよね。夏期プリントを十分に活用することが今後の成績アップの秘訣です。毎日必ず提出しましょう。わからないところは調べてかまいません。テキストや教科書を使ってどんどん調べてください。手間がかかりますが調べることも勉強です。この手間を惜しむと十分活用したことにはなりません。空欄だらけのまま「とにかく提出すればよい」ではもったいないのです。ぜひ高得点を目指しましょう。結果は掲示されますから、クラスで1番・学年で1番を目指すもよし、だれかと密かに競うもよし、自分なりの目標を決めることをおすすめします。目標があると、ただあわただしいままに漫然と終わってしまうのを防いでくれます。そしてこれまでの学習内容を身につけることが最大の目的ですから、採点されて返ってきたものをしっかり見直しましょう。分析すれば自分だけの弱点・急所が見つかるかもしれません。これまでに勉強したことは夏休みのうちにしっかり自分のものにしておきましょう。

 

夏休みは勉強以外のことも忙しくなる人もいることでしょう。確かに、夏期プリントを十分活用しようと思えば時間も手間もかかります。毎日提出しなければならないのですから、一定の夏期プリントをやる時間を一日の予定のなかに組み込んで実行していかなければ難しいでしょう。負担に感じることもあると思います。だからこそ手を抜かずに頑張ってみましょう。「忙しい中でも勉強を頑張れた」という経験をしてください。それは今後必ず役に立ちます。少しずつでよいので、いままでできなかったこと、やってこなかったことに手を出してみてください。だんだんできることの範囲が広がって夏休みが終わるころにはきっと成長した自分を実感できることでしょう。この夏休みを後々まで思い出に残る「進化のきっかけ」にしてくれることを願っています。

カテゴリーNEWS