小学生:夏期プリント

夏期プリントについて(塾だより7-8月号)

 

いよいよ夏休みが始まりますね。塾では夏期講習(こうしゅう)があります。夏期講習中は、いつもよりたくさん授業(じゅぎょう)があるので、いつもよりたくさん塾(じゅく)で勉強します。そこでがんばれば、とても学力がアップします。より良(よ)い夏期講習にしましょう。

 

さて、千葉進研の夏期講習では、授業の宿題とは別(べつ)に、毎回来るたびに“夏期プリント”を提出(ていしゅつ)します。内容(ないよう)は、一学期までの復習(ふくしゅう)です。自分で調べていいので、分からないところはとことん調べてやりましょう。しっかりやれば、かなりの効果(こうか)があります。

 

夏期講習中は、塾の授業、宿題、夏期プリントと、盛(も)りだくさんですので、一日の中で、夏期プリントをやる時間をしっかり決めておくといいです。夏期プリントはいいかげんにやってはあまり意味がありません。しっかり時間をとってやりましょう。
夏期プリントは、基本的(きほんてき)にその日のうちに採点(さいてん)され、結果(けっか)がはり出されます。その日の回の点数だけでなく、今までの合計点もでます。合計点は毎回の積(つ)み重ねですから、あなたが夏にがんばった証(あかし)の1つになります。

 

夏期プリントのがんばり方のコツは、密(ひそ)かにでもいいので、あの子には絶対(ぜったい)に負けないというライバルをつくることです。毎回、結果を気にしてみてください。いそがしくて、やるのが大変(たいへん)だと思う人も多い夏期プリントですが、不思議(ふしぎ)と最後(さいご)までがんばることができるでしょう。

 

もう1つ、お願(ねが)いがあります。ぜひ、終わった夏期プリントの“見直し&解(と)き直し”をしてください。夏は忙しいので、夏期プリントも、採点されて返ってきたあとは、もう知らない。という感じになってしまうかもしれません。しかし、それはとてももったいないです。採点されて返ってきた夏期プリントは、いらなくなったプリントの束(たば)などではなくて、あなたの学力をさらにおし上げてくれる宝物(たからもの)です。空いている時間に、“見直し&解き直し”をおこなってくだい。

カテゴリーNEWS