中3:…1年後、どんな自分になっているだろう

これから真の受験生になる中3に向けて(塾だより5ー6月号)

 

新年度が始まってから早くも1ヶ月(塾では2ヶ月)が経ちました。中3生は1年後の5月には、新しい高校生活に慣れてきた頃になっているはずです。そのとき、どんな自分になっているか、少し想像してみましょう。志望校に見事合格し、順風満帆な日々を過ごしている自分、残念ながら思うような結果が出ず、もっと勉強しておけばよかったなどと後悔する自分など、少し想像しただけでも様々な自分が思い浮かぶのではないかと思います。それはとても遠い先のことのように感じるかもしれませんが、1年が過ぎるのは早いものです。何もしないでいると瞬く間に終わってしまいます。

 

今から1年後に、想像した通りの、または想像した以上の自分になれるようにするためには、今日からの過ごし方が重要です。今月は体育祭や修学旅行で何かと忙しいとは思いますが、いくつか大切なことをお伝えしていこうと思います。

 

1 具体的な目標(志望校)を早く持つ!
もうすでに具体的な志望校がある人も多いとは思いますが、それをより具体的なものにしていくため、これから高校見学や文化祭、先輩の声などを通じて情報をさらに集めていくことと思います。最近は、夏前に文化祭を行う高校も多くなってきました。部活が終わったらなどと考えず、忙しい部活の合間をぬって少しでも早く高校に足を運び、本物を体感して欲しいと思います。どんな高校なのか、卒業生の大学合格実績はどうなっているか、それに向けてどういったカリキュラムが組まれているか、部活や施設はどのようになっているかなど、少しでも具体的な情報を集めましょう。そして、夏までに具体的な目標(志望校)を持つことができれば、それに向けて偏差値があといくつくらい足りないから、この教科をこのようにがんばるといった具体的な勉強メニューも見えてきます。夏期講習は大変厳しいものになります。目標を持たずに突入すると、ただただつらいだけで終わってしまい、効果はあまり期待できません。しかし、しっかりした目標を持って臨めば、がんばりも効くし、とても充実した夏を過ごせたと実感できるはずです。もちろん、成績の伸び方も全く違ってきます。

 

2 「分からない・抜けている」はすぐにリカバーする!
中3生での学習内容は、どの教科も難しくて分からないことがたくさん出てくると思います。また、受験勉強を本格的に始めれば、中1・2生の学習内容で抜けているところが次々と見つかるはずです。そのようなときには、すぐにそれらをリカバーするようにしましょう。具体的には、分からないものは答えの解説や教科書、資料集などを分かるまでよく読む、それでも分からなければ質問する、そしてその後、自力で正解できるようになるまで繰り返し練習することを粘り強くやっていきます。また、抜けている部分については、過去の新演習や必修テキストを活用したり、先生に頼んでプリントを用意してもらったりする方法があります。塾で用意している苦手対策教材を利用するのも良いでしょう。(苦手対策教材について詳しくは、担任の先生に問い合わせてみましょう。勉強プランと一緒に詳しく説明してくれるはずです。)とにかく、あらゆる方法で、できないことをなくしていくことが大切です。「分からない・抜けている」ことに気がついておきながら、何もしないのは絶対にいけません。

 

また、これから夏にかけては部活動が激しくなるなどして体力を消耗し、塾で眠くなってしまうことが多くなります。時には眠りに落ちてしまうこともあるでしょう。もろちん、そんなことがないのが一番ですが、寝てしまった、あるいは眠くて集中できなかったために抜けてしまった内容は、すぐにリカバーするようにしましょう。友達にノートを写させてもらった上で先生に質問しに行くなど、方法は様々あるはずです。

 

入試は、基本的には1回勝負です。もう1回はありません。普段の勉強も同じように、もう1回はない、2度と同じ間違いをしないと強く意識すれば、同じ勉強時間でも身につき方が全然違うはずです。気持ち1つで変えられることがたくさんあります。

 

3 合格を勝ち取るのは自分、強い気持ちを持つ!
いろいろ述べてきましたが、最後に大切なのは強い気持ちです。志望校に受かりたいという強い気持ちが、勉強する力を生み出します。「思い強ければ、願いは必ず叶う。」そう信じて、ひたすら信じて勉強し続けることが大切です。気持ちで負けてしまっては、合格が遠のくばかりです。まず気持ちで負けないようにしましょう。

 

千葉進研の教師陣は、みなさんが志望校に合格できるように全力を尽くします。しかし、最後に試験会場に行き、入試に立ち向かい、合格を勝ち取れるのは他でもない自分自身です。強い気持ちを持ち、必ずや合格の2文字を勝ち取って欲しいと思います。これからの1年間はそのための時間です。1年後の自分が、決して後悔することのないように、できることをしっかりやっていきましょう。

カテゴリーNEWS