中3:にがて

苦手を克服しよう(塾だより5ー6月号)

 

中3生のみなさん、中3になって1ヶ月が経ちましたが、受験生になったという実感はありますか?まだ、実感がないという人もいるのではないのでしょうか。しかし、入試は確実に近づいてきています。この時期は修学旅行や体育祭があったり、部活では総体が近づいてきたりしている時期なので、大変だとは思いますが、受験を意識して少しでもレベルップができるようにがんばりましょう。

 

ところで、みなさんは、苦手教科についてどう考えていますか?もちろん苦手教科が無いというのが理想ですが、なかなかそうはいきません。だれもが、どうやって苦手教科の勉強をしていこうかと考えたことがあると思います。まさか、苦手なものはしょうがないとあきらめている人はいませんか。そんな人はさすがにいませんよね。

 

そこで、苦手教科について考えてみたいと思います。まず、苦手教科があると受験にどのように影響するのかといいうと、一番はやはり、入試で点数を大きく落とす可能性がある(受験に失敗する)ということです。これに近いかもしれませんが、模試などで点数が伸びず、志望校を決定するときに志望校を下げなければならなくなることも考えられます。その他、試験で精神的に不安になり、得意な教科でも簡単なミスをしてしまうなどの影響がでてしまうこともあります。

 

では、この苦手教科をどう克服したらよいのでしょうか。まず、ここまで苦手教科と書いてきましたが、ほとんどのみなさんは苦手教科というものが無いということを知ってほしいと思います。それは、苦手教科といってもすべての単元ができないということではないのです。例えば、数学が苦手といっても計算がまったくできないという人はいないはずです(少なくとも千葉進研の生徒ならば)。逆に得意な教科といっても、すべての単元を完璧にできるということでもないのです。苦手教科と思っているものは、実は得意な教科より少しだけできない単元が多いということなのです。そういう意味では、苦手教科ではなく苦手な単元ということになるのです。発想を変えれば、これからもっとレベルアップすることを考えれば、できない単元があるということは、その単元をしっかりとつかみ、それを克服すれば、点数は伸びるということです。それは得意な教科でできない部分を探してできるようにするより、簡単にできない部分を探せる分だけ伸ばせるチャンスが多いということになります。言い方を変えれば、みなさんにとってはまさに宝の山なのです。

 

では、どのように勉強をすすめたらよいのかというと、まず、自分の苦手な単元を把握することです。ある程度自分の苦手な単元がわかっている人はよいですが、わからないという人はまず、苦手な単元を見つけることです。今までの模擬試験や今後行われる模試の結果表を参考にすることや、普段宿題などで中1、中2の内容をやったときに、すらすら解けるのかということを参考にしれみればよいでしょう。特に、模擬試験の結果表には、出題単元ごとの正答率も示されています。この模試の結果表を有効に利用することをおすすめします。次に、やるべき単元がはっきりしたら1週間程度の期間を決めて、その単元を一度集中的に勉強することです。

 

これを実践した先輩の例を紹介しましょう。その生徒は連立方程式の文章題が苦手でした。そこでその生徒に1週間ほど、1日30分毎日問題を解くようにプリントを渡しました。その生徒の場合、苦手な教科の勉強をあまり長くやると続かないタイプでした。しかも、はじめに相談したときに、家で1人でやると続く気がしないということだったので、塾に来てやることになりました。塾に来ると渡されたプリントをまずやります。まず、自分でやることで苦手な文章題といってもその中でもできる問題とできない問題があることがわかります。そして、できない問題は式の立て方の説明を受け、さらに類題を解いて確認をするという方法で勉強しました。その結果、この1週間で公立入試程度の問題はほぼ解けるようになりました。その後も少しずつ復習することで苦手意識もなくなりました。

 

この生徒以外にも多くの先輩達が苦手の克服に成功しています。その生徒達に共通していることは、苦手を克服したいという気持ちが強いこと、克服のためにきちんと時間をとること、そしてあせらずにやることでした。これらの方法も面倒だという人は、塾の模擬試験や学校での実力テストには範囲表があります。その試験範囲の中から、各教科の範囲の中で一番苦手だと思う単元を毎回1つ選び、模擬試験や実力テストの準備の1つをして、復習をするというのも一つの方法です。それも面倒だという人は、具体的にどういう問題をやったらよいのか、あるいはどう勉強を進めたらよいのか、わからないことがあればどんどん塾で担任の先生や各教科の先生に相談をしてください。実際に皆さんを教えている先生ならもっと具体的で的確なアドバイスをしてくれるはずです。受験までにはまだ時間は十分にあります、焦る必要はありません。一歩ずつ確実に前に進んでいきましょう。

カテゴリーNEWS