小学生:読書のすすめ

読書を通して自分の世界を広げよう!(塾だより5ー6月号)

 

読書は好きですか。読書を通じて、私たちは新しいことを知ったり、心を豊かにしたりできます。あなたも本を手にとってみませんか。

 

読書をするには、きっかけが大事です。
1) 学校の朝の読書で本を読む習慣をつける。

 

2) 「家読(うちどく)」をする。・・・「家読(うちどく)」とは、「家庭での読書」の略称で、学校で広まる「朝の読書」に続き、家庭で親子いっしょの読書を推進(すすめること)する活動です。

 

3) いそがしくて、読書の時間がとれない場合には、「ノー・テレビ・デー、ノー・スマホデー、ノー・ゲーム・デー」を決めて、家族全員で取り組むと時間を作れます。

 

4) どんな本を読んだらいいのか?・・・学年・年齢にあった本を読むのがいいと思います。友達、兄弟姉妹、先ぱい、お父さん・お母さんや家族の人などが読んで面白かった本というのは「当たり」が多いです。しかし、図書館や本屋(インターネットも)に行って、自分で探すのが何と言っても一番です。

 

最後に、2016年の小学生にオススメ(*EhonNaviより)の、中学年(3・4年)と高学年(5・6年)向けのもの(一部絵本)を書きます。あなたの読んだことがある本がありますか。

*EhonNavi https://www.ehonnavi.net/special.asp?n=2373

 

小学校中学年(3・4年生)向け
「わらうきいろオニ」
作:梨屋 アリエ 絵:こがしわ かおり【絵本】
「先生、しゅくだいわすれました」
作:山本 悦子 絵:佐藤 真紀子【絵本】
「びりっかすの神さま」
作:岡田 淳 出版社:偕成社 【児童書】
「口で歩く」
作:丘 修三 絵:立花尚之介 【児童書】小学校高学年も可
「レンタルロボット」
作:滝井 幸代 絵:三木 謙次 【児童書】小学校高学年も可
「おうだんほどうのムッシュトマーレ」
作:香坂直 絵:フィリケ えつこ 【児童書】小学校高学年も可
「願いがかなうふしぎな日記」
著:本田有明 出版社:PHP研究所 【児童書】小学校高学年も可

 

小学校高学年(5・6年生)向け
「シャイローがきた夏」
著:フィリス・レイノルズ・ネイラー 訳:さくま ゆみこ 絵:岡本 順 【児童書】
「チビ虫マービンは天才画家!」
作:エリース・ブローチ 絵:ケリー・マーフィー 【児童書】
「ユウレイ通り商店街(1) ムカシのちょっといい未来」
作:田部 智子 絵:岡田 千晶 【児童書】
「教室の祭り」
作:草野たき 絵:北見 葉胡 【児童書】
「トモ、ぼくは元気です」
作:香坂直 【児童書】
「二分間の冒険」
作:岡田 淳 絵:太田 大八 【児童書】
「ライジング父サン」
作:くすのき しげのり 絵:松成 真理子 【児童書】
「夏の記者」
作:福田隆浩 【児童書】
「モモ /
時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語」
作・絵:ミヒャエル・エンデ 訳:大島 かおり 【児童書】
「海の島 ステフィとネッリの物語」
著:アニカ・トール 訳:菱木 晃子 【児童書】
「ナゲキバト」
作:ラリー・バークダル 訳:片岡 しのぶ 【児童書】

カテゴリーNEWS