中3:揺るがぬ強い心で臨む

受験生の皆さんへ(塾だより1-2月号)

 

いよいよ入試が目前に迫ってきました。「自信満々で余裕」などという人はそうそういないはずです。誰しも、いくばくかの焦りや不安と闘いながら勉強に励んでいることでしょう。

 

受験直前のこの時期に、志望校判定が安定しなかったり、思うような結果が出なかったりという場合、不安になるのは仕方のないことです。しかし、そこで感情に流されるのは間違いです。落ち込んで何も手につかなくなったり、「どうせやってもだめだ」と投げやりになったり、「どうしよう、どうしよう、どうしたらいいと思う?」と焦ったり。精神的に追い詰められるのは分かりますが、厳しいことを言えば、その時間がもったいないです。立ち止まっている暇はありません。感情はひとまず置いておいて、とにかく今やれることを継続するしかないのです。

 

電話帳や過去問は解きましたか。夏期プリントや冬期プリントで、できていない所はありませんか。過去問やプリントの間違い直し、解き直しはしましたか。穴になっている部分はありませんか。もしひとつでもやれていないものがあったら、今すぐ取りかかりましょう。「これ以上できないと思うぐらいやりきった」という達成感はそのまま自信につながります。あと数十日の戦いを乗り切る力になるはずです。

 

受験とは、自分の心との闘いでもあります。困難に直面した時、冷静に状況を受け止め、前を向いて果敢に立ち向かえるかどうか。その精神力が問われる場といってもよいでしょう。今まで受験生を見てきて、それをひしひしと感じます。自分で決めた確固たる目標を持ち、悩みながらも「とにかくやれるだけやってみよう」と切り替え、最大限努力できる強さ。そんな強さを持った人は不思議と伸びていくものです。

 

私立入試まであと数日、公立入試まで約1か月です。やり残したことはありませんか。不安や恐れにとらわれていませんか。心配だ、怖いという気持ちが湧いてきたら、そんなものを感じる暇がないぐらい勉強に専心しましょう。これだけやった、もうやり残したことはないと思えれば、落ち着いた心で本番に臨むことができます。

 

入試に向け、皆さんとともに塾の先生方も走り続けています。つらい時、困った時には皆さんを的確に導いてくれるはずです。残り少ない日々、1分1秒を大切に、一緒に頑張っていきましょう。

カテゴリーNEWS