小学生の学習術(じゅつ)

脳(のう)のはたらきをよくする(塾だより1-2月号)

 

1 脳(のう)のはたらきがよくなる生活習慣とは?

 

(1) 冬に脳のはたらきを向上させるには⇒「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」
エアコンがききすぎる部屋に長時間いると頭がボーッとなってくることがあります。温度が高すぎると脳にいくべき血流(血の流れ)が減少(げんしょう)して、脳のはたらきが悪くなるようです。
また、目の表面をうるおしている水分がかわいてくると、ドライアイ状態(じょうたい)になって、目がかんそうして、集中力がさまたげられることもあるようです。
こんなときには、足もとや腹から下のあたりを集中的にあたためてみてください。下半身をあたためることで、自然と脳に血がよくめぐるようになり頭がさえてきます。それが「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」です。昔の人の冬場の知恵(ちえ)ですが、脳のはたらきがよくなっていくことを実感してみてください。ただし長い時間勉強するときには、手や首筋(くびすじ)の冷えに注意が必要です。勉強が終わったら、お風呂にしっかり入るなどして、からだをしんからあたためてぐっすり熟睡(じゅくすい)してくださいね。

 

(2) 集中して勉強するためには⇒机の上によけいなものは何も置かない!
部屋を整理して、とくにマンガやゲーム機などの娯楽(ごらく)モノは視界(しかい)に入らないように部屋から出します。それが無理なら、シートでもかぶせて目につかないようするか、箱(ダンボール箱)にしまいます。使う予定のないテキストもしまいます。ともかく、目の前の課題を優先(ゆうせん)する。使う教材と筆記用具だけが机の上に出ている状態にして、その課題だけに集中すればいいんだと自分にいいきかせましょう。そして、課題が終わってからの「自由時間」を楽しみにして勉強にはげんでください。

 

2 忙しい毎日であっても学習を優先しよう
小さな「すきま時間」を寄せ集ると・・・
日常(にちじょう)には「すきま時間」があります。たとえば、夕食の前や入浴の前など、がんばって10~20分程度の学習時間をつくって、宿題をやっている先ぱいがたくさんいます。たとえ短い時間でも、毎日やり続けることで積もり積もって大きな力になってくれるのです。

 

すきま時間を使うためには、すぐに学習に取り組める習慣(上記の?)が大切です。みなさんもいそがしい毎日ですが、自分から課題に向かう気持ちを大切にしましょう。みなさんの日々のがんばりが、数か月~1年後にかならずや大きな力となってあらわれてくると確信(かくしん)しています。

カテゴリーNEWS