中3:苦手教科を

苦手教科を克服しよう(塾だより9-10月号)

 

「苦手」は得点アップへの宝
受験生にとって、苦手教科を克服することはとても大事なことです。
得意教科の勉強ばかりやってその教科の入試の点数が上がったとしても、現在取れる点数よりも上げようにも、その上げ幅に限りがあります。得意なだけに、もともとの点数がいいのですから。

 

その点、苦手教科の場合は点数を上げる余地がまだまだたくさんあるわけです。したがって、苦手教科の克服ができれば、成績が上がり、志望校合格により近付けるのです。
得意教科の勉強を全くやらないと、せっかくの力が落ちてしまうので、得意・苦手どちらの勉強も必要ですが、この時期こそ、苦手の克服に力を入れるといいですよ。

 

克服するには
何をすればいいのかというと、問題を解く→丸つけをする→見直しをする→もう一度解く というのが基本です。
今の時期は、夏期プリントの活用をお勧めします。夏期講習中に塾で出された宿題の夏期プリントです。これは今までの総復習の内容になっているので、内容を網羅(もうら)するにはとてもいい教材です。

夏期プリントで間違えた問題は解説を見て理解または暗記した後、後日、答えを隠してもう一度解きましょう。
夏期講習中に返却されたときに正解であっても、調べて解いた問題があればそれも含めて、もう一度解きましょう。それで正解すればいいのですが、また間違えた場合は、できれば、再度解くことをお勧めします。

 

夏期プリントの解き直しが終わったら、塾の苦手対策教材や1・2年生のときのテキストや過去の公立高校入試問題で、夏期プリントと同様のやり方で勉強しましょう。
一度解いた問題は必ず自分のものにすることです。これを続けていくと、実力がついていきます。そうして、模擬試験やプレ入試の得点に表れるはずです。

 

ポイントは、教科書を眺めるだけでは駄目で、良問を解くことにあります。これからの時期は、効率よく質の良い勉強をすることにも注意しましょう。やるものに迷ったら、いつでも先生に相談してください。

カテゴリーNEWS