中1中2:苦手な教科

苦手な科目を克服する(塾だより9-10月号)

 

夏休みも終わり、定期試験が近づいた学校もあると思います。試験対策は進んでいますか? これまで勉強が順調に進んでいても、あるとき何か『壁』みたいなものを感じることがあると思います。そのときは「後でやればいいや」と思っていても、時間が経つにつれてやり方を忘れてしまい、『苦手な科目』に変わってしまうことがあります。こうなってしまうと、頭の中に「苦手意識」が入り、なかなか克服することができなくなってしまいます。特に、英語と数学は、知識や練習を積み重ねていく科目なので、放っておくと取り返しのつかないことになってしまいます。

 

授業の中で『壁』を感じたら、授業後にすぐに質問に行きましょう。わからないところのやり方を丁寧に教えてもらい、宿題で確認をするといいでしょう。宿題をやっているときに『壁』を感じたら、次の授業のときやそれまでに質問に行きましょう。うまく先生を利用することがポイントです。

 

また、苦手のまま時間が経ってしまった場合は、科目の内容を少し戻って勉強する勇気が必要です。中2なら中1や小学校の内容までさかのぼることがあるでしょう。特に、数学は小学校で習った計算方法や公式が必要なことがたくさんあります。少し戻る「勇気」を持ちましょう。

 

できなかったことをごまかさずに、できるようになるまでがんばること。できるようになりたい意識を持つことで、苦手科目は克服することができます。

カテゴリーNEWS