小学生のみなさんへ

小学生のみなさんへ(塾だより3-4月号)

 

私は、逆(さか)上がりができるようになったり、とび箱でより高い段(だん)をとべるようになったり、なわとびの二重とびがたくさんできるようになった時、とてもうれしかった記憶(きおく)があります。新しい自分になった感覚(かんかく)でしょうか。みなさんも、似(に)たような体験(たいけん)をしたことがあると思います。

 

勉強も同じです。知らなかったことを知ることができた。授業(じゅぎょう)で理解( り かい)したことが、宿題でちゃんとできるようになった。難(むずか)しい漢字が書けるようになった。そのしゅん間、新しい自分になっています。勉強は、逆(さか)上がりやとび箱と比(くら)べると、一見地味かもしれませんが、この先ずっと楽しみ続(つづ)けることができます。私は、逆(さか)上がりはもうやらなくなってしまいましたが、毎日いろんなことを知って、考えて、楽しいなと思っています。みなさんも、たくさんのことを知って、たくさんのことができるようになって、たくさんのことをおぼえてください。

 

せっかく新しい自分になるチャンスなのに、知らないことを調べずにいたり、わからないこと、できないことをそのままにしておいたりするのはもったいないです。だから、ちゃんと調べてください。どうしてもわからなかったりできなかったりした場合は、授業(じゅぎょう)の前後の時間をつかうなどして、塾(じゅく)の先生に質問(しつもん)してください。塾(じゅく)の先生は、みなさんがわかるようになるために、できるようになるために、全力で教えて応援(おうえん)しています。たよってください。
最後(さいご)に、進級おめでとうございます。新しい学年では、新しい学習内容(ないよう)が待っています。いっしょにがんばりましょう。

カテゴリーNEWS