自由研究(その1)

フィルムスキャナーでないふつうのスキャナーを使って古い写真ネガフィルムから画像を取り出す方法の研究

 

古い写真フィルムを焼き増しすることなく、画像を取り出す方法の研究です。
ここでは、ふつうのスキャナーとフリーソフトを使用します。
(使用スキャナーCanon CanoScan LiDE60 フィルムスキャナー非対応)
(使用ソフト JTrim Version 1.51)

 

まず、フィルムを並べてふつうにスキャンします。フィルムの上に何枚か白い紙を置くとよいでしょう。
その際、「自動色調節」「輪郭強調」「退色(色あせ)を補正」「逆光を補正」などの設定があれば適当にONにして最適な色具合になるようにします。解像度は低くて十分です。

nega01.jpg

 

ネガポジ反転をします。まだまだよい色あいではありません。

nega02.jpg

 

RGBで、赤を強めに青を弱めに調節して色を整えます。

nega03.jpg

 

明るさを暗めにして、コントラストを上げると、くっきりしてきます。

nega04.jpg

 

フィルム全体にどんな画像があるかわかったら、取り出したいコマを決めます。
今回は左上のワンちゃんの画像を解像度を上げてスキャンしました。

nega05.jpg

 

ネガポジ反転します。

nega06.jpg

 

赤を強めに、青を弱めに調節しました。

nega07.jpg

 

明るさを暗めにして、コントラストを上げて完成です。

nega08.jpg

 

細かい調節や解像度(dpi)設定などは、お好みで各自研究してみて下さい。