自由研究(PCに歌わせる)

自分の作曲した歌をPCに歌わせる

 

今回は、(お金をかけず)作曲した曲をコンピュータに歌わせる方法を探求してみました。地デジのアンテナも作ってみました。意外に簡単に作れてよく映ります。自転車のパンク修理(チューブ交換)は前輪も後輪もやりました。古いパソコンにはLinux(リナックス)を入れて捨てずに使っています。腕時計の電池交換も工具を500円ぐらいで買ったので自分でやってます。

 

さて、まず歌声を作るソフトが必要です。歌声を作るための無料のソフトがあります※1。そして、それに使える歌声(音声ライブラリー)もたくさんあります。もし、他人の作った声がいやで、自分の声や好きな人の声をサンプリング(録音)して使いたければそれもできます※2。

 

次に伴奏を作るソフト。いわゆるMIDIシーケンスと呼ばれる音楽ソフトです※3。
そして、歌声や伴奏を合成したり編集するソフト(DAW)※4。
最後に もし音楽に動画をつけたければ動画編集ソフト※5。
さすがにリアルな動画を作るにはさらにソフトと時間と技術が必要なので、歌詞画像をスライド方式で見せる程度の動画でもよしとしましょう。
そして、作品を世界へ公表するがあります※6。これがあるので創作意欲がわきます。自分の音楽の表現力が、どの程度のレベルなのか知ることができます。

 

※1 UTAU
※2 OREMO
※3 DOMINO
※4 Music Studio Producer (DAWは、Digital Audio Workstationの略)
※5 VideoPad
※6 YouTube

 

以上、ざっと流れを書いてみましたが、一つ一つがとても大変で、必ず壁にぶち当たります。ちょうど難しい数学の問題でも解いているような感じで、そのつど調べまくったり、悩み続けたり、やめたくなったりします。でも、苦労して得た知識って貴重です。忘れないし、他にも応用できるし、集中力もつくし、そして何よりも考え方のパワーが増します。
みなさんもぜひ「悪戦苦闘する創造・研究・開発」をしてみてください。