最強の数学勉強方法を考える

まず基本的にこの勉強方法で・・

 

数学で得点を取れるようにしたい人は次の方法を試してみて下さい。

 

1 計算問題をやるとき
計算が得意な人、絶対に間違えない人は途中式など不要です。
自由に好きなようにやって下さい。答が合っていれば何も問題はありません。
しかし、ときどき計算をミスる人、100%完全にできない人は要注意です。
先生の言われた通りに途中式をきちんと書いて下さい。
そしてどこでミスをするのか、チェックを入れてもらって下さい。

 

2 答合わせをするとき
バツをつけたり、すぐに答を写したりしないで、正解のマルだけをつけましょう。
解答を赤ですぐ写すと、見直しして問題が解けた気分になってしまいます。
ひとまず、できない問題は「放置」です。
だいじにとっておいて、後でじっくりと解決します。
間違えた問題や、解けない問題を理解したときに、新しい進歩があるからそれらは、貴重な「宝」なのです。

 

3 応用問題を解くとき
分からないときに、解答・解説をすぐ見るのはわるいことではありません。
私は解説をバンバン見る派でした。解き方をすぐにでも知りたい派でした。
時間をかけて自力で解くことも大切ですが、それ以上に解き方のパターンをたくさんマスターする練習をするほうが先なのです。
解き方のパターンをたくさん知り、その経験力をいっぱい貯金しましょう。
問題を解く練習に必要な能力、それは「解説を理解する読解力」です。
「読解力」こそ勉強のすべてです。
これさえあれば自宅で一人勉強するときもサクサク進みます。
もし解説を読んでも理解できないときは読解練習が必要ですので相談・質問に来てください。

 

4 勉強時間について
同じことをやるなら、なるべく短い時間で済ませたいものです。
「だらだらやる」「何かをしながらやる」というのは私の嫌いなパターンです。
まあ、嫌いな勉強をやらないよりは、音楽を聴きながらでもやったほうがまし、という意見もあるでしょうが・・。
「何時間勉強すればいい?」という質問もたまにありますが、意味がありません。
時間より「内容」「質」が大切です。勉強の結果、得たものの量が大切です。
能率の良し悪しで決まります。
入試そのものが時間制限のある戦いなので、日ごろから早くてきぱきとこなす習慣をつけておきたいものです。

 

※ とは言え、長時間やることも、それなりの意味はあります。だらだらでなく、集中した長時間勉強のあと、初めて自分のものになり自信がわいてきたりします。

 

5 飽きてきたとき
集中できない状態になったら、だらだらやってても仕方ないので、やめましょう。
眠かったら寝ましょう。遊びたかったら遊びましょう。
気分転換も大切ですから、ちがうことをやって気持ちをリフレッシュさせましょう。

 

6 その他
ノートのとり方のおススメは、(B5)1ページを縦に区切って、2列に使う方法です。
数学的には1ページは横が長過ぎるので、半分ぐらいがちょうど良いです。

 

質問などありましたらこちらへ
hiroba@chibashinken.co.jp
可能なかぎりお答えしたいと思います・・・